やま

ジョーカーのやまのレビュー・感想・評価

ジョーカー(2019年製作の映画)
4.0
金獅子賞を獲るのも納得の一本。
最高の映画だったと思う。

ジョーカーというキャラクターを使ってしまっては、やはり「ダークナイト」のジョーカーを考えざるおえない。
自分が思うに、「ダークナイト」のジョーカーの良さはヒースレジャーの怪演ももちろんのことであるが、それ以上に得体の知れない恐怖であると思う。「ダークナイト」では繰り返しジョーカーの身元が分からないことを主張する。指紋がないだとか、どこからともなくやってきた感じだとか。
得体の知れない怪物のミステリアスな部分に多くの人が惹かれているのではないかなと思う。
それに加えてビジュアルも独特でカッコいい。繰り返しだが、ヒースレジャーが本当に素晴らしい。
強すぎる奴がいるヒーロー映画よりも、邪悪すぎる奴がいるヒーロー映画の方が面白いとまで思わせてくれた。

そして今作、そんなジョーカーのバックボーンを描いている。確かに壮絶でこの映画の言わんとしていることを伝える手段としてジョーカーは働いていると思う。だけど個人的に「ダークナイト」のジョーカーに惹かれてしまった自分としては今一つカッコよさがないとは思ってしまった。
「タクシードライバー」や「キング・オブ・コメディ」のほうがカッコよく魅力的だったと思う。
あの怪物ジョーカーの過去を知ったところで、ジョーカーの魅力が薄まるだけではないかなと思う。


とはいえ、ホアキンフェニックスが凄い。
彼の演技がこの映画に多くの観客を没入させていると思う。演技だけではないけれど、演技がこの映画に多くの力を与えていたと思う。
ノーランの生み出したジョーカーとは異なる、良い意味での"気持ち悪さ"があった。
今作のジョーカーはカッコいいのではなく魅力的な"気持ち悪さ"であると思う。


物語りにも嘘なのか本当なのか分からないモヤモヤとした"気持ち悪さ"がある。
この"気持ち悪さ"が確かにジョーカーらしくて
たまらなく良かった。

電車の中の雰囲気であったり、ラストのあの感じだとか映像も魅力的すぎた。


銃でぶっ放すシーンの爽快さは凄い。たまらん。