毬藻

ジョーカーの毬藻のレビュー・感想・評価

ジョーカー(2019年製作の映画)
5.0
肯定とか否定じゃなくて、
アーサーに同情し、ジョーカーに興奮するわたしは異常者か。

そう聞かれたら自身をもって「わたしは普通です」って言うけど
ジョーカーが恐ろしいのはそういうところ。
暴動も殺しも彼(ジョーカー)には目的はない。
ジョーカーになったことで自己顕示欲が満たされその快感に溺れていく。

誰しも少なからず持ってる欲だと思うんだ。


アメコミには収まらない、すごく危険ででも不思議と魅せられる、社会性のある映画だった。

ワンカットワンカットがバチっとはまって本当に美しかったなぁ。
ジョーカーに酔いしれながら階段で踊るシーンは本当に素晴らしかった。改めて高低差のある画って大事だなって思った。
複雑で秀逸なオマージュもあって映画としてもとても面白かった。
そして音楽!
Jimmy DuranteのSmile
Johnny CashのHurt
The Guess WhoのLaughing etc.
上げたらきりないけど、CashのHurtが聴けたのは個人的にとてつもなく感動した。

ホアキン・フェニックス自身がとんでもないジョーカー説は笑った。