ささみわ

ジョーカーのささみわのレビュー・感想・評価

ジョーカー(2019年製作の映画)
3.8
ジョーカーを作り上げたのは、社会だった。母と2人の苦しい生活からは、社会格差、メンタルヘルス、社会保障などの社会的弱者と富裕層との歴然とした先。ジョーカーは異常ではあるが、かわいそうだった。そしてこれは、おとぎ話ではなく、今の社会問題を写し出している。

いつも思う。たった1人でいいから理解してくれる人、応援してくれる人がいたらいいのにと。

誰しもが、不当な扱いを受けて、怪物になってしまう可能性があるのだから。

ちなみに男子目線だとジョーカーはカッコいいらしい。その感覚はよくわからないけど、映像的にはとても綺麗で、音楽もシーンとよく合っている。思ったよりは怖くなくてホッとしました。笑