oggy

ジョーカーのoggyのレビュー・感想・評価

ジョーカー(2019年製作の映画)
5.0
スタジオの外に出たことがあるか?
報いを受けろクソ野郎。

★追記(10/20)
孤独な誰かを描いた物語というのは、共感する部分が少なからずあるものだ。
なのに、『JOKER』は違う。
アーサーが哀しみや怒りを抱くのは分かるし、彼の行動を肯定したい思いすらあった。
それでも、何が、どこがかなのかは分からないけど、それらの感情を「共感」と称することが正しいとは思えない。
例えアーサーと私が目と鼻の距離に存在しているとしても、その間には深い深いクレバスが存在しているような、そんな心持ち。
程度の差はあれ、誰もが彼に歩み寄ることができるのに、誰も彼を理解できないような。
JOKERは存在しうるのか。
JOKERとはいったい何者なのか。
ずっとそんなことを考えている。

★再鑑賞(11/1)
見てからしばらく経ってるけど、ふと『JOKER』について考えてしまう時がある。
頭を整理する意味でもう一度見てみたけど、もっと分からなくなった気がする。
色んなネタバレを知った上で見ても、というよりだからかもしれないけど、現実と妄想の境界がさっぱり分からない。
悲劇も喜劇も善悪も主観だという意見を全く否定できないけど、そっくりそのまま受け容れることもできない。
私はいったい何を見ていたんだろう、と思う。そして、どうしてこうも頭から離れないのか。