skk

ジョーカーのskkのネタバレレビュー・内容・結末

ジョーカー(2019年製作の映画)
4.3

このレビューはネタバレを含みます

まわりでの評判がすこぶる高く、私はバッドマンには全く詳しくないのだが、久々に映画館へ足を運んだ
こんだけ格差社会とか子供部屋おじさんと言われてる日本でこの作品があるのはタイムリーですな

ひたすら凄惨で陰鬱なトーンで、主人公が1つ1つ確実に追い詰められていきジョーカーになっていく描写に見たくないけど目が釘付けになってしまった 時折入るダンスシーンなどとても美しい瞬間もあったり

妄想と現実がごちゃ混ぜになった構成も見事 その時全く意識しなかったが、最後の面談のあたり(=薬が切れた?)が契機なのか? 最後の病院でのシーンもどう解釈すべきかね

もう一回見たいなぁ、という気持ちともう見たくない気持ちで葛藤してます…