daisukekondo

ジョーカーのdaisukekondoのレビュー・感想・評価

ジョーカー(2019年製作の映画)
3.5
この作品が社会現象になるほど賞賛されていることに一抹の薄ら寒さを感じる。

演技や脚本の秀逸さを評価する人よりも、純粋にジョーカーの行動に共感、カタルシスを覚えている人間が相当数いるんじゃないだろうか。
だとするなら、いま僕たちが生きている世界は、作中のゴッサムシティ並みに病んでいる。

冷酷な世間と、不幸続きの人間を描いた“悲劇”が、バットマンのキャラクター、世界観というフィルターをかけるだけで“エンターテイメント”になってしまう恐ろしさたるや。

やはり薄ら寒さを感じる映画だ。