akira

ジョーカーのakiraのレビュー・感想・評価

ジョーカー(2019年製作の映画)
5.0
あんまり言っちゃいけないんだろうけど、ジョーカー視点からすると私はハッピーエンドだと思った。観終わった後の引きずり感はなくてすっきりしてにやけちゃったな~~。
ただ、ジョーカーは様々な悪の引き金になっしまったと思う。だから社会視点だと最悪。

アーサーって悪のシンボルになりたいからジョーカーになったんだっけ…みんなに喜ばれるエンターテイナーになりたくて、殺人はただのきっかけにすぎなかっただけよね…。

冒頭のクラウンとしての笑顔と終わりにみせるジョーカーとしての笑顔の対比がよかった。ジョーカーの幼少期の設定?がダークナイトと異なるのでもやもやしちゃうけど、原作自体も諸説あるみたいだからそこはスルーしようと思う。
ところどころアーサーの過去に疑問が残るし、養子の件はウェインの策略だと思ってしまった。

映像について。シンメトリーな画が多く、色使いは全体的に暗め。ブルーとオレンジいい感じだった。会社をクビになって階段を降りるシーンでやっと光が差し込むのがよかった。
最後の血の足跡は想像が膨らんだ。