よしぞう

ジョーカーのよしぞうのレビュー・感想・評価

ジョーカー(2019年製作の映画)
4.5
人生の残酷さと切なさを表現していると思いました。不平等な思いをしている人にとってはきっと共感できてしまう。

ジョーカーの思い描く夢の世界に入り込んだようなそんな印象です。

人々の抑圧されていたフラストレーションをジョーカーという存在が表していると思います。

普通に生活していたら見ることのできない、きっと今もこの世界のどこかで行われている理不尽をまとめたような作品でした。

ジョーカーは理不尽の中にも希望を見つけようと必死にもがいて、でもどれもこれも打ち砕かれて。。。

こんな人生もあるんだと思い知らされました。