きんぱち

ジョーカーのきんぱちのレビュー・感想・評価

ジョーカー(2019年製作の映画)
4.2
だいぶヤバい映画だった。

決して気持ちの良い映画じゃないんですけどね。むしろ前半〜中盤は痛々しい感じがキツかったんですけどね。

全編そうだったかと。

観終わると余韻が長かったなー

いろいろと記憶に残るヤツだったなー

ホアキン・フェニックスの顔が忘れられないですね。


心優しい主人公が、街の退廃的な現状、心ない人たちから受ける仕打ちにより、心を蝕んでいく…

優しかった青年がいかにして悪のカリスマへと変貌したのか?




見始めた最初は…イヤこういうのジョーカーじゃないよなぁ、と思ってたんですけど。ただのついてない男の犯罪劇みたいになってるんで…

そういう映画、割と多いんで。そういう類いじゃないですか?
期待してたのとなんか違うんですけど…


でもコレが不思議で、ドンドン主人公がジョーカーに見えてきて…最後はもう、次は何やっちゃうの⁇と、ゾーっとしました。


スピンオフ映画を100%楽しむには、本筋を楽しんでから観るべきだと思う。そうしなければ、その映画のおもしろさを全部わからないと…
まぁそれ差し引いてもスゴいわ。

何度も言うけど、観終わったあとの余韻がハンパない…
どうしても、全シーンが記憶に残ってしまいまして…こういうところが自分にもあるからか、共感出来てしまうからか?


まーみんなそう言うトコロちょっとぐらいあるんじゃないかなー?

何よりもホアキン・フェニックスのジョーカーだったから、記憶に残ったんだと思う。あと、デ・ニーロも、ところどころで絡んできてきて、余計なこと言ってんじゃねえよ〜とか思いながら観てたけど…

主人公がドンドン顔つきが変わって、最後笑い出すところとか…それだけでハラハラしたからね。

全編不快な気分だったけれど、全く目が離せなかったということで、コレは観ておかないといけないヤツかと。