えむA

ジョーカーのえむAのレビュー・感想・評価

ジョーカー(2019年製作の映画)
3.9
ついに観た!“ジョーカー”

暗い絶望の淵を彷徨ったのちに解放されような血塗れのアーサーの笑いがこだまする。

アーサーがピエロのメイクアップしてTVのショーに臨むシーンは、”タクシードライバー"をちょっと思い出した。デ・ニーロにオファーしたのも意味があるのかな。

ホアキンからのヒース。(ヒース・レジャーが生きていたらアーサー役オファーされてたかな)この作品からの”ダークナイト“なのか。のちに暗く笑いながらブルースに挑戦するジョーカーのバックグラウンドが痛くて悲しすぎる。

アーサーのような存在を見ないふりしてるのは現在も同じ。虐待されたり、病んだ親から不適切な養育をされた子どもは、社会から手厚い支援を受けることができないとどうなるのか。ともすれば貧困と病気はセットになってやってくる。“貧しいのは自己責任”で片付けられた社会はとてつもなくリスキーだということか。