ジョーカーの作品情報・感想・評価

上映館(171館)

「ジョーカー」に投稿された感想・評価

人は誰でもジョーカーになりうる

このレビューはネタバレを含みます

ジャックニコルソンのジョーカーにもヒースレジャーのジョーカーにも繋がりそうだけど、でもどちらでもないような、確かに新しいジョーカーって感じだったかも

終始重くて、疲れてる時とかに見ちゃダメなやつだって思った。病んでる時にノルウェイの森読むな、的な。

チャップリンとか、「道化をよこして」とか、年代はいつ頃なんだろう。

テレビの場面とかはさすがに妄想かなって思ってたけど、アパートの女の人のくだりで完全にやられたと思った。どこまで現実と信じて見ていいのか分からなくなった。


アーサーだとおっかないのにジョーカーのビジュアルだとよりエグいことしてても清々しさを覚えてしまうのが不思議だった
最初は「殺すか否か」の基準ががかなり明確だったし、どこか安心感すらあった
アーサーの一挙手一投足が興味深くて、どっぷりとスクリーンの中の世界に浸かった。
終わってからも色々な考察をしたくなる映画。
papenouchi

papenouchiの感想・評価

3.0
普通によかった。
一番良かったのはジョーカーの服。
世界はグローバルで格差社会になり、元々生きづらさを感じていた人々はさらに追い詰められてゆく。
前半。アーサーの日々を見てるこっちの精神も不安定になるほどに共感してしまった。
世界中に自分もアーサーと同じだと思った人がいるに違いない、自分もそんな一人です。

そこからアーサーは本当の自分を見つけてしまうのだが‥。

後半、クリームのホワイト・ルームが流れテンションがさらに上がった。

アメコミを抜きにして犯罪映画としても超一級品だと思います!
エンディングのあれ?ディズニー見てたっけ?感。ステップステキ

このレビューはネタバレを含みます

ジョーカーが生まれるまでの話。

オールドアメリカの世界観で描かれるゴッサムシティの中で、細々とピエロの仕事をしている主人公のアーサーが、あらゆる希望を失い、カウンセリングを受けたりもするが、甲斐なくある日殺人を犯してしまう。

しかし、アーサーの行動が多くの苦しい人々に感銘を与え、同じようにピエロの仮面を被り富裕層への反感を暴力によって報復するようになる。

その様子を見たアーサー(ジョーカー)は恍惚の表情で踊りを舞い、その周りでピエロの仮面を被った人々が称賛をする場面でクライマックス。

そのあと場面が切り替わり、またカウンセリングの場面に。部屋を出て歩くジョーカーの後ろ姿が映し出されるが、何故か足跡は赤く、その後逃げている様子が映り映画が終わる。

一通り見た感想としては、一見辻褄があっているように見えるストーリーの端々に違和感が含まれており、それはとても意図的に感じた。

つまり、全てはよくできた夢なのではという見解
ジョーカーの本当の心の中には結局触れられなかったのか、それとも触れられたのか
観た後にはそんなことを考える映画でした
MANITA

MANITAの感想・評価

3.0
怖カッタ...
みあ

みあの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

ぶっとんでる狂った演技がすごかった。
絶対的悪なのに貧困層の世界の中で正義のヒーローってのが見所?
後味は悪く見たあとに重くなる映画。
最後のシーンは解釈がわかれるのかな?
ジョーカーの笑い真似したくなること請け合い。
>|