ジョーカーの作品情報・感想・評価・動画配信

ジョーカー2019年製作の映画)

Joker

上映日:2019年10月04日

製作国:

上映時間:122分

4.0

あらすじ

「ジョーカー」に投稿された感想・評価



【近年稀にみる憑依型映画】


稀にみる憑依型映画。泣いた。

「ハングオーバー!」シリーズのコメディ畑のトッド・フィリップス監督。

感情移入?気持ちが持っていかれる?
いやいやそんな甘いものではありませんでした。

スクリーンからジョーカーに心身共に乗っ取られてしまう。

めちゃめちゃ危険な映画。

R15指定なのにエロもグロもありません。

アメコミなのにアクションもありません。

物語の構成は至ってシンプル。
更にいえば、人間がダークサイドに落ちていくというテンプレ的なストーリー。

なぜここまでの評価が高いのか?


一重に主演のホアキンフェニックスの演技力に尽きました。
表情、身振り手振り、そしてあの『笑い声』。

前半パートでホアキン扮するアーサーの悲劇と孤独をこれでもかとみせ付け同情をひき、観るのもの弱さにつけ込むことで、ジョーカーに変貌げるまでの後半パートでもあたかも全てが正当化させたことのように錯覚し感情誘導されてしまう。

見事。

「俺の人生は悲劇だ。いや違う、喜劇だ」
あの下りは涙でた。

ホアキンフェニックスのアカデミー主演男優ノミネートは確実。


しかし、、、
今年の渋谷のハロウィンはジョーカーだらけになりそうでやだな、、
面白かった

このレビューはネタバレを含みます

見終えた後、映画館から帰宅してもなお、うまく言葉にできないでいる。

どこか圧倒されてしまっているのだろう。
感想が「なんか凄かったなぁ」とボソボソと呟いてしまう程度でしか表現できていないのだ。

一緒に見に行った妻は、どこかピンと来てない様子だった。

周囲の評判が良く、彼女の親しい同僚が強く勧めたということもあり、「私も観てみたい」ということになり、夫婦で観に行くことになったのだが、その評判たちが何故良いものばかりなのかがイマイチ腑に落ちず、喉の奥の方で引っかかってしまっていて、その良さが飲み込み切れない、そんな感じだったと思う。凄さを感じられてはいるのだが。

ホアキン・フェニックス

映画評論家の町山さんが、このジョーカーの映画に至るまでの、彼のことについてラジオで語っていた。

しかし、自分はというと、彼の出演作は、マスターとハーを見てはいるが、彼の印象がほとんどないのだ。マスターに至っては、見た当時よくわからなかった、という記憶しかない。そんな私ではあるが、私なりにこの衝撃を紐解いていこうと思う。

社会にうまく馴染めない存在。

分かり合える人、気を許せる人、受け入れてくれる人

そんな人たちとは無縁な存在。

「孤独」

意思とは関係なく笑ってしまう持病、狂信的で要介護の母親、同僚に裏切られての失業、困窮、社会保障のアミからもこぼれ落ち、社会の底辺で生きる主人公。

唯一の救い 「夢」

コメディアンになることが、彼に唯一の生きる力を与えている。

錯綜する現実と妄想

どこまでが現実で、どこまでが妄想なのか、見ている側もわからなくなってくる。それは、観客を混乱させるためであり、ホアキンの味わっている感情を観客にも味合わせるための手法だろう。高等過ぎる技術に改めて感嘆のため息が漏れる。

恋人ができたことの喜び
コメディアンとして、バーの舞台に立ち、夢が叶った喜び
憧れのコメディアンの番組に出演が決まった時の喜び

妄想と現実とが混ざることで、互いの境界線が曖昧になり、喜びと失望とが入り混じる。

自暴自棄になれど、勇気も力もなく、ただただ怯え、バカにされ暴力を振るわれても、亀のようにうずくまりやり過ごしてきた人生。

そんな抜け出せないどん底無限ループの中から、銃で攻撃してくるものを撃ち殺せてしまったことで、変化が起き始める。

「殺してしまった」

最初はその力の威力の凄さに恐怖を覚え怯えていたが、その力の持つ強烈さが、彼に初めて自信をもたらしてくれた。

「報いを受けさせられる」という確かな力

それを手にした時、それまでの虐げが過酷であればあるほど、そして執拗であればあるほど、反撃は苛烈になっていく。

イスラム国、テロリスト、反政府組織、登戸や養護施設での無差別殺人、暴力団、詐欺集団、世界各地で起きている銃乱射事件、、、

別に、違法だったっり、特別な人や集団に限ったことではない。

トランプを始め、排外主義を支持する多くの人々、ネトウヨ、ヘイト主義者

真面目に、地道に働き、それでも生活が苦しい人々
身内の介護のために仕事を辞めざるをえなかった人
障害者や、障害を抱えることになった人
シングルマザー、シングルファーザー
低所得者たち

それは、つまり、

ジョーカー ≒ 〇〇な自分

そう、ジョーカーだけが特異な存在ではないのだ。

そして、その反撃はすでに世界各地で始まっている。

その現れが、トランプであり、安倍であり、ドテルテであり、各国の排外主義者や政党の躍進であり、無差別殺人事件である。

世界中の至る所で燻っている鬱屈した感情、行き場のない憎悪

それらが捌け口を見つけ、開放されたときの熱狂

爆発すると、手が付けられない。

しかし、その報いを受けるのは、鬱積した感情や行き場を失った憎悪を抱えている人々を内包しているこの社会の側であり、彼らの鬱積や憎悪には目もくれず、もしくはそんなものがあること自体知る由もなく、めでたく生きてしまえている人々なのである。

私たちはそんな世界の、一構成員として生きている

そんなことに、想い至らせてくれた素晴らしい映画だった。

2019.12.06
Fumi

Fumiの感想・評価

5.0
服の配色が素敵。ダークナイト→本作→ダークナイト→ダークナイトライジング…の連鎖
怖っ!なんだか、ゾクゾクしました。

ホアキン・フェニックスの演技が凄い。
歩き方やちょっとした仕草。本当に不気味で。

なぜジョーカーが生まれたのか?
色々と繋がりました。
映画館で観たかったなぁ。

監督は違いますが、続けてダークナイトが観たくなりました。
ジョーカー決定版、社会現象となった本作。
新規からジョーカーオタクまで釘付けとなった一作。

ダークナイトのヒース・レジャーと比較される事も多かったが、見事にホアキンの世界観、役作りの姿勢から大ヒット。

アメコミ系は色々な作品、色々な俳優が同じ役を演じられるところも魅力なので難しいところや細かいところは気にせず観て欲しいです。

さて…もう一回観てきます。

このレビューはネタバレを含みます

コメディアンを目指す売れないピエロが悪のカリスマ・ジョーカーとして世に知られるまでの話が笑えるという話。
ラストまでは身分や外見による格差を描く社会派映画という気持ちで見ていたが、ラストで文字通り全て持っていかれた。とても良かった。
patch57

patch57の感想・評価

4.0
何かを悪いというのは
とっても難しい。
>|