ジョーカーの作品情報・感想・評価・動画配信 - 3167ページ目

上映館(33館)

ジョーカー2019年製作の映画)

Joker

上映日:2019年10月04日

製作国:

上映時間:122分

4.1

あらすじ

「ジョーカー」に投稿された感想・評価

映画館)2019年43本目の観賞@ユナイテッドシネマ豊洲。バットマンの宿敵ジョーカーが誕生するまでを描いた作品。悪くいえば凄く悲惨な人生をジョーカーが送ってきたと言える。その様が非常によく作られていて分かりやすかった。ラストのシーンは、バットマンに繋がるのだなとも見ていて漠然と思った。とにかく出来の良い作品。感想はこんなところです。
犯罪はその人間が「悪い」から行われるっていうより、ほとんどはその人間が「弱い」から行われるんじゃないかと思っている。

そして、その弱さは家庭環境とか経済的な問題から生まれるものと思うけど、その過程をしっかり2時間見れるだけでもこの映画は良かったなぁ。。。

あと、ホアキンフェニックスがまさに怪演。もう字幕を見てなくても表情だけである程度台詞が理解出来ちゃうぐらい。それぐらいの怪演。あっぱれ!!

内容も途中黒人女性との関係性だけが「ん??」ってなってたけど、そこも物語の根幹に関わる部分と上手く絡めて描いてた!!

最高!!
今のところ今年NO.1!!

#JOKER
ちゃぬ

ちゃぬの感想・評価

4.2
DCらしく考えさせられる内容だった。
ジョーカーが毎度泣きながら人殺すのが目頭を熱くする。本望ではないかのように。
世間体から逸脱した弱者が人を殺す事で物事を訴えたのは感心しないけど一部スカッとしますねw
アカデミー賞、確実と言われていた話題作、初日に観られて幸せです。
ホアキン・フェニックスの熱演と重厚な音楽、社会から弾き飛ばされた精神疾患者の絶望と怒り、正義はこっちではないかと感じました。香港の人権保護運動と被って観てしまいました。今年度の最高傑作、最高です。
ケイタ

ケイタの感想・評価

4.8
ホアキンフェニックス。
怪演すぎた。
ヒースレジャー超えたんじゃないかな。
ジョーカー誕生するシーンは
最高にカッコいいです。
今年NO1の作品。
キングオブコメディを見てから鑑賞するのがオススメ
mukihei84

mukihei84の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

''Don't forget to smile.''

ジョーカーのエピソードゼロ的な映画。

バットマンシリーズは、クリストファー・ノーランの三部作とティム・バートンの1作目だけ観た。
それぞれのシリーズでストーリーが若干違うけど、この映画を観る前か観た後に「バットマンビギンズ」→「ダークナイト」を観るとさらに楽しめる。
実際にその2つに繋がっているシーンもいくつかある。
もちろん、この映画だけでも充分おもしろいと思う。

みんな言ってるから月並みになってやだけど、ホアキン・フェニックスの演技がすごい。
ヒース・レジャーのジョーカーにはストーリー性が薄かったのもあるけど、こっちの方が好きかもしれない。

あとブルース・ウェインが主役じゃないだけに、今までのシリーズよりもゴッサムの下層階級側の世界観とか雰囲気が肌で感じられる映画でもあった。見てるうちにいつの間にかゴッサム市民になっていた。
今後は色使いとかもみたりしたい。

印象に残っているシーンは、
ウェイン社の3人を殺したあとのトイレで踊り出すシーン。この静かなシーンで、足元がアップになってステップを踏みだすところ、なんで踊んねんと思ったけど、いま考えればジョーカーが始まった、って感じでこわかった。

映画館で映画みんのやっぱりいいなと思った。画面のデカさじゃなくて、音。映画館で観ると迫力あるのは音の影響の方が大きいかも。


これから怖くてババ抜きできません
は

はの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

不気味、怖い、狂ってる、切ない
悪やのに正義奴

不の感情を曝け出したら
誰もがジョーカーになれちゃうヨ
ジョーカーという名前では生ぬるい、
彼の名はキリングジョーカー。
ハジメ

ハジメの感想・評価

4.5
キャラクターとしてもよく知ってるし、どういう結末になるのかはわかっているのに、ここまで終始釘付けにされるとは、、

観終わった後にずっしりと来た。いい映画だった。

今まで語られてきたことのなかった、ジョーカーのジョーカーたる所以。ここまで名の知れたキャラクターだと、納得の脚本を作り上げるのもかなり大変だったと思うが、私的には大満足です。
ジョーカーがただの快楽犯罪者ではなく、ジョーカーにもそうなるべくしてなったカタルシスがある。
そもそもガタガタだった歯車が、物語が進むにつれて目に見えて噛み合わなくなり、最終的には跡形もなくなってしまう、そんな話の進め方が見事。


ダークナイトでのヒース・レジャー版ジョーカーも世紀の怪演だったと思うが、今回のホアキン・フェニックス版ジョーカーもえげつない怪演。

ロバート・パティンソン版バットマンとの共演も観たいところだけれど、この世界観はこの映画の中だけで納めた方がいいのかも。

本当にいい映画だった。ダークナイト観たあとにも思ったけど、今後ジョーカーを演じる人は肩の荷が重いですね笑
理屈ではわかっていたが、本能的に、今作のジョーカーが正義よりも先に悪が誕生すると、完璧に証明してしまった。

この混沌の世界で、劇中での悲劇が他人事とは到底思えない。

いや、喜劇か?