singer

一度死んでみたのsingerのレビュー・感想・評価

一度死んでみた(2020年製作の映画)
3.5
まずまずという感じではありましたが、面白かったDEATH 。
って、お約束のように言わなきゃいけない感じですね。

ストーリーに関しては、もう本当にサックサクというか、
導入から引っかかる所なくスムーズに進むし、
後半にしっかりと盛り上がるクライマックスが用意されていて、
最後は痛快に終わるという事で、見ていて飽きなかったのは良かったです。
所々、思わず声が出ちゃう位、笑えるシーンもあったし、コメディとしても見応えはあったかなぁと思いましたね。

で、今回はやっぱり、広瀬すずのコメディエンヌぶりに一番の期待をして観に行ったんですが、
こちらに関しては、悪くはなかったものの、ちょっと物足りなかったかなぁと。
というより、個人的にはデスメタル設定が過剰に見えてしまって、
広瀬すずの演技の真価が見え辛かったというか、
もう少し自然な中での “笑いの演技“ が見たかったなぁというのが本音として残りましたね。
それでも、やっぱりしっかりとした実力に裏付けられた確かな演技力は見て取れたし、
改めて何でも出来るんだなぁと感心させられましたね。
後、共演者やカメオ出演の俳優さんたちも含め、とても豪華なキャスト陣も、
それぞれに適材適所の演技が見事に光っていて、見ていて楽しい気分にさせられました。
なので、エンドロールで、出演者の答えあわせをしていくのも楽しみのひとつだったなぁと思います。

ということで、総合的にはとても満足度の高いコメディ作品だったとは思いますが、
個人的には、もう少しだけキャラクターに人間味があって、物語にリアリティがあったら、ドラマとしての出来が良いだけに、
もっといい作品になったのになぁと思ってしまったトコがちょっと惜しく思えてしまいましたね。

でも、やっぱり父と娘の物語は、自分としては胸に迫るものがあるなぁ。