keecolico

ジョーン・ジェット/バッド・レピュテーションのkeecolicoのレビュー・感想・評価

3.9
ドキュメンタリーの作りとしては普通だけど、出てくる人たちが皆興味深い!

しかし、70年代にロックバンド始めて今日まで、女だってだけで相当大変だったんだなぁ、てのひしひし感じた。

信頼してたマネジメントすらも、どこかでキワモノ扱いしてた、みたいな。

しばしば私もぎゅっとこぶしを握った。

この映画制作当時、2018年のジョーン・ジェット、ほぼ出ずっぱりで、結成当時からの話をしてて。やっぱカッコいいです。登場するほかの女性ロッカーたちも。

でも、様々な扱いや、事件に遭いながらも、何があろうと貫いてる信念。そのまま音楽と生き方で体現してる彼女がカッコイイです。