tomoco

長いお別れのtomocoのレビュー・感想・評価

長いお別れ(2019年製作の映画)
4.1
わたしの両親はもう70代後半で、よく「自分が認知症になったら、あんた達にえらい迷惑がかかるので、先に逝きたい」…なんて言ってたりする。
両親が認知症になったら、完璧に介護出来るかどうかなんて、はっきり言って自信がない(放棄ではない)。

この作品は、これから迎える高齢化社会への一筋の光ではないだろうか。
家族が離れていても、認知症を前向きに捉えていて、ファミリーの繋がりが大変強い。

まず山崎努さん演ずる父親のキャラクターがとてもキュート(言い方が良くないかもだけど)。
TAMA映画祭で鑑賞したのだけど、中野量太監督が登壇時にお話されていて、前々から原作を読んでいた山崎努さんは、以前からこの父親役は自分しがやると思ってたとのことで、ガッツリ適役だった。
松原智恵子さんの母親も、穏やかでほっこり。
姉妹の竹内結子さん、蒼井優さんは演技派で言うまでもなく…。
皆さん共通してると思うのが、笑顔も素敵なのだけど、泣きの演技が凄まじく上手いということ。そして美しい涙の似合う女優さん達。
キャストの配役が完璧。

そしてこの作品は、認知症を病気としてではなく、ひとつの個性として描いている。
その点で、今後の社会のために、より多くの方に鑑賞してもらいたいと思った。