長いお別れの作品情報・感想・評価

上映館(8館)

「長いお別れ」に投稿された感想・評価

109mania

109maniaの感想・評価

2.0
この手の映画普段あまりみるジャンルではない。なぜ見ようと思ったのだろうか。予告編を見て実家で二人で暮らす七十歳を超えた両親のことが頭をよぎった気はする。
柔らかい心がもたらす癒しみたいなことが、この映画の核としてあったような気がするが、老いとともに、柔らかくなっていく人もいればそうでない人もいるはずだ。認知症のことは、ほとんど知らないけど、必ずしも穏やかな性格でいられるとも限らない。
そう思ってしまうと、予定調和的で意外性や新しい価値観の提示に乏しい映画だと感じた。

蒼井優を始め俳優さん達の演技はかなりよかった。それだけに残念な気がしました。
志帆

志帆の感想・評価

4.0
長いお別れ、という言葉、
ただの造語だと思っていたけれど
認知症のことを英語で、
long good bayというらしく
すごいいいな〜と思った、、
とともに切ない
少しずつ日常が変わり、
長い時間をかけて離れていく、

娘二人とも実家にはいなかったけど、
父親の認知症を知らされて
父の異変を身にしみて感じて、
また家族で集まるようになった
父との話があまり通じなくなってきた頃、
次女は彼氏と続かないこと、
繋がりたい人と繋がれないことを
父親に打ち明けてダメだね〜ってなっていた
そんなとき父は、忘れられ残ってしまった
大きいかわいいクッキーを
少し文句を言いながらむしゃむしゃと食べて
くりまるな、ゆーっとすればいいんだ
って、よくわからないことを言ったんだけど
その言葉をもらった彼女は笑ったんだ
たしかに意味がわからないけどね、
励まそうとしているのが伝わって
じわ〜って涙がさ、、
わたしも くりまらずにゆーっと
生きていきたいと思った
とにかくこの映画でたくさん泣きました、
お父さんが帰らなきゃと言っていたのは、故郷ではなくて
何十年も前に遊園地に行った家族を
雨が降りそうだから傘を持って迎えに行き
一緒に帰らなきゃと言っていたんだ、
その迎えに行ったことを雨になると
思い出してしまうのかな、
たしかに雨模様の時、もぞもぞとしていたな
無口で強面の校長先生までなった父が、
特に干渉せず、でも娘たちに
先生になれ的なことを願って
今の自分に引け目を感じていたけれど
こんなにも愛していてくれていたことを
再び知った娘たちは
最後まで、父を大事にしたんだ、
最後の誕生日会も
私はこんな現実に直面した時、
ちゃんと親と会話できるだろうか、
介護なんて本当はすごーーーーく大変で、
へこたれそうでもやらなきゃで
きっと辛いだろうけど、いつかが来た時には
この映画の関係性を思い出して、
親や近しい人を大事にできたらと思った
ひかり

ひかりの感想・評価

3.8
飛行機の中で✈️


題名の意味にとてもなるほどと思った
自分にも認知症の祖父と認知症手前のボケてしまった今はもういない祖母がいたから
すごく共感があって
長いお別れだと思えば気持ちの整理がついたかもしれない
切ないように思える内容でも終わった後にそういうマイナスな気持ちがなかったのはすごくよかった


蒼井優も竹内結子も2人ともすごく演技が上手くてリアルな家庭環境がこちら側に伝わってきた、それがより一層お父さんの認知症に向き合う家族の気持ちが心に響いてきた


見終わって気付いたことはこの家族は1回も後ろを向いてない、前を向き続けていたこと
きっとそれが見ている人を悲しい気持ちで終わらせない要素なのかなぁなんて思ったりしました
あゆみ

あゆみの感想・評価

4.4
泣けて嬉しい
じろ

じろの感想・評価

4.0
自分の重ねて見てしまった、蒼井優さんがとても良い、崇くんも良い
なお

なおの感想・評価

4.0
家族と言えども大人になるとそれぞれの人生になるけれど、やっぱり家族っていいなと思った。
chayyyyy

chayyyyyの感想・評価

4.1
家族の繋がりの温かさにじーんとくる映画で結構好き。また見たくなる。

自分自身の親とその親の老いを感じる今日この頃、決して他人事には思えなくて、
ちゃんと顔見て会える時間を大切にしないとなって感じさせられた。
K.S

K.Sの感想・評価

4.0
飛行機の中で、号泣。
親が元気な時に、実家に帰るべきなんだなぁと。親を大切にしようと改めて思える作品でした。
ufufu

ufufuの感想・評価

4.0
孫もいい
口数少なくても繋がっていた
>|