長いお別れの作品情報・感想・評価・動画配信

長いお別れ2019年製作の映画)

上映日:2019年05月31日

製作国:

上映時間:127分

3.8

あらすじ

「長いお別れ」に投稿された感想・評価

けい

けいの感想・評価

3.9
湯を沸かす〜に続いて観た。

認知症の話とは知っていたので、長いお別れとはまたオシャレな言い方だなあと思った。
英語台詞に出てたLong Goodbyeの言い回しから来てるっぽいので、辛いことを上手くユーモア交える英語圏いいなと思う。

さて映画としては、やっぱりこの監督、時々生臭さがある。
リアリティというより生臭い。

認知症は嫌だなあという条件反射的な刷り込みをされて生きていたけど、それはそれでそういう死に方なのだと、受け止めるスタートになるかも知れない。

とてもあたたかい映画だった。
はる

はるの感想・評価

-
鑑賞記録用
40pay

40payの感想・評価

4.0
認知症=A Long Goodbye=長いお別れ

洒落たタイトルですね!

父親の認知症を発端にしているが、
あくまでもベースとして各々の生活の変化を10年に渡り描いた
家族の歴史絵巻。

「お別れ」って本来は瞬間的なものだと思うんですが
時間を長く表現することでドラマチックでは無く日常的な物として
「お別れ」が鎮座している不思議な温度感の作品
(でもそれが良いんですよね〜!)

少しづつ「お別れ」を告げていく山崎努さんの姿には優しさすら感じる。

一番遠縁に当たる孫の宗くんに、大きな影響を与えていたラストが凄く良かった!(命は巡る的な)

悲しさと優しさのブレンド具合が絶妙な作品でした!
のぶよ

のぶよの感想・評価

3.6
娘2人の境遇がもうビシバシ刺さってきた
当方、両親健在ですごく素敵だと思っているのが余計に考えさせられる
明るくできるのいいな、じゃなくて明るくしてるんだよな、しかしそれはなかなか難しい
お母さんかわいらしくて素敵で大好きです
あお

あおの感想・評価

3.8
実際の認知症に向き合うにはもっともっと厳しいこともあるけれど、この映画の魅力は何よりもお母さん、松原さんの可愛さ。うつ伏せ寝の大変なんだけど真面目にやればやるほど可笑しみの出る感じ。全編を通して松原さんの空気がふふっとなることを許してくれる。
まる

まるの感想・評価

3.5
美談ではあるだろうけど、愛があれば生きていける。逆に愛がなければ順調な生活も崩れていく。
とにかく奥さんの旦那さんへの愛情がすごい。
こんな家庭に憧れます。

ただちょっと長かったかな。
makoto

makotoの感想・評価

3.6
認知症とは記憶の別れ

認知症=長いお別れという名のもと、父と娘を中心に展開していくストーリー。

認知症になった父に対して、家族が何とかしようとしていく中で、家族としての形を再認識していく。

親を介護をしなくてはならない娘の視点から考えると、職場、配偶者になる男、全てをコントロールしながら生きることに難しさを感じられた。

ただ、この映画での認知症の描き方、父親が何を忘れ、何を残しているのか、そういった視点から見ても、興味深いものだと思う。

山崎努はホントに老いぼれ爺さんの役は良いな。ただ、ホントにそう見えてしまうのは心配だが。

蒼井優の等身大の女性の役というのも、これも蒼井優という女優の特徴だと感じられた。
k

kの感想・評価

3.7
ユーモア100点。
お母さんがすごく素敵な人だった。優しさも可愛らしさもユーモアもあって、理想のお母さん像だった。お父さんと孫のシーンが好きだったな。
じゃがいもに愛おしさを感じたのは初めてだった
綺麗事だけじゃなくて、家族の問題や繋がることの難しさが丁寧に描かれているように感じた。

中野量太監督って、家族を描くのがすごく上手🥺
「湯を沸かすほどの熱い愛」もそうだったが、きっと誰もが共感できる部分があると思う。薄っぺらいお涙頂戴では全くない!

出演している役者さん達も豪華で、見応えがあった。みんな自然だし、山崎努さんの演技が圧巻。
中村倫也さんもちょろりんと出てた。
あの後どうなったんだろう…
>|

あなたにおすすめの記事