十二人の死にたい子どもたちの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

十二人の死にたい子どもたち2019年製作の映画)

上映日:2019年01月25日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.1

あらすじ

「十二人の死にたい子どもたち」に投稿された感想・評価

一緒に観た友達は殺し合いじゃないから最悪だと酷評していたがあらすじを知っていた私は十分に楽しめた。
予備知識無しです。結構楽しめましたかな?😋🙌ラスト読み通りの王道はダメです😭なんかガツーンと欲しかったけどね🙇
まやや

まややの感想・評価

3.5
途中まで展開にドキドキワクワクしたけど、最後はなんか想像できてしまった‥。
wifin

wifinの感想・評価

2.5
少ないヒントからありえないほどコナン君が推理していきます!雷ゴロゴロー!
Moe

Moeの感想・評価

3.7
北村匠海さんびっくりするくらいに可愛いねっていうセリフに本気でドキドキしてしまった。
そこだけじゃない面白い映画だった。
今自殺を考えてる子供に向けてなのかな?
でもきっとそういう子はみないだろうし。
つまんなかったですね。
優良

優良の感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

2019年37本目。

映画館行かなくて良かった~~!!

完全に期待外れすぎた。橋本環奈可愛いとか、北村くんかっこいいとか思ったけど、それでも一切加点なし。

なんか、ラストがしょうもな!!って感じ。怒られそうやけど、誰も死なへんのかーい!って。

もっと人狼ゲーム的なん期待してた(笑)

仲良しごっこ乙~~~ってなった私は性格腐ってます。

こんな素晴らしい会場が用意されてるのに死なないなんて勿体ない(ぇ)

っていうか……予告がアカンわ!!!

予告と中身が違いすぎる。

うーん。うーん。うーん。

はぁ……。
想

想の感想・評価

2.5
こんな方・こんな時にオススメ❗
●推理モノが好きな方
●絶望するような事があった時

良かった点👍
●堤幸彦にしては、、
割りと僕は好きなんですが、過去の作品の傾向では、わりと独自の世界観に無理矢理観客を引っ張っていく事が多い堤監督。
しかし、今回は至って明解なストーリーです。(原作ありきなのでしょうが)
抗議としての自殺を真っ向から否定し、死ぬ勇気があるならば、強く生きようというメッセージがダイレクトに伝わります。
●今をトキメク俳優勢揃い!
旬な若手俳優の演技合戦は見物です。
特に杉咲花さんの演技はズバ抜けていて迫力がありました。

残念な点👎
●あ、そう終わるのか!
原作を読んだことが無かったので、どう結末に持っていくのかとワクワクしながら鑑賞したんですが、意外とあっさり着地してしまいました。もう一捻り!をずっと期待していたが故に残念でした。
エンドロール中も映像が流れ続け、最後の最後に何かあるのかと期待してましたがそんな事も無く。わりと中盤辺りからはダレっぱなしでしたかね。
賛否両論ありそうですね。期待した内容ではなかったけど良かったですよ。ただこの内容にするなら各キャラクターの掘り下げが不十分ですが映画が長くなってしまいますもんね。本当に犯人を探すバリバリのサスペンスも見たかったな。饒舌な黒島さんやチャラい吉川さんなど前作にないキャラクターを演じていたのが新鮮でした。
蜜子

蜜子の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

キャストが好きな人が多かったので気になってたので見ました!

私はとても心に響きました。
きっとこの映画はこの程度で?と理解できない人と心に深く残る人で別れそうですね。
同じ環境になったことがある人にしか当たり前ですが理解できないと思います。

私も学生の時は死にたかった側なので今は違いますがすごく納得できます。
だからといって今現在も生きてたくないし死にたくもないと思ってるのでそれはそれでいいかなと適当に生きているのですが…🤔
でもそれが私の少しでも長く生きていける方法なので私は満足しています。
(さすがに死ぬ内容がヘルペスっていうのには私も驚きましたが調べてみたら重症だと火傷後に負けないぐらい凄かったのでなんとも言えなくなりました)
あと気付いたことはやっぱり自分が心に傷をおってる人は他人にはとても温かいですね。
だからこそ自分じゃなくて他の人には生きていて欲しいなときっと死にたい気持ちになった人はもっとそういう感情が大きいのかな?と思いました。(語彙力)
だけど私は死ぬのは逃げだけど否定はしないです。
死んだ人だけが悪いのではなく、そこまで追い詰めた何かも悪いから。
最後のシーンを見て最初はみんな闇があるから(何かしら心に闇を抱えてる人)大人びて見えますよね。
でも最後にみんなが笑ってたシーンはとても純粋で何も知らない子供のようになってました。
未成年があそこまで大人びてしまうのは世の中が子ども達を追い詰めすぎているのかなと個人的に感じました。
何よりも心から幸せな人は子供でも大人でもお年寄りでも子供らしいところって必ず持っていますよね。