みやはち

リンドグレーンのみやはちのレビュー・感想・評価

リンドグレーン(2018年製作の映画)
3.9
事前情報は「長くつ下のピッピ」などの児童文学作家・リンドグレーンが主人公、とだけ。

作家になるまでを描いた映画なのかなぁ、と観ていたけれど、そうではなかった。
「一人の少女が大人になるまで」を描かれていたように思いました。

若さ故に大人に振り回されて自分の気持ちが分からなくなったり、大切な事を理解してもらえなかったり。

そしてタイトル。
リンドグレーンじゃないじゃん?って思っていたけど、終盤に差し掛かる頃に「!」と。
観客に気づかせるタイトル、いいと思います◎

構成も素晴らしかったです◎