papanda

リンドグレーンのpapandaのレビュー・感想・評価

リンドグレーン(2018年製作の映画)
3.8
著名な女性作家の人生を綴るというので、「若草物語」的なものを想像していたが、全く違った。周りの価値観に抗いながら、迷い、戸惑い、悲しみ、それでも力強く生きていく姿は、当時の女性の置かれていた社会的位置から考えても相当風当たりが強かったんだろうなと思われる。シングルマザーになった娘を恥じらいながらも愛おしむ両親が、なんか切ないと思った。高畑勲さんや宮崎駿さんを魅了した「長靴下のピッピ」、読んでみたい。