アイドルの作品情報・感想・評価

アイドル2018年製作の映画)

上映日:2018年10月19日

製作国:

上映時間:120分

3.7

「アイドル」に投稿された感想・評価

CS放送で鑑賞!(7/16) 坂道ファンで、AKBグループには苦手意識があるんだけど、彼女たちのドキュメンタリー映画に関しては、一応全部見ている… 今回のSKE48のドキュメンタリーもまた、アイドルという華やかな世界の裏側を見ることができました… 正直、今売れている坂道さんたちに比べると、悲壮感というか、あまりにも重すぎる… ちょっと見ているのがツラくなるくらい…
かつ

かつの感想・評価

3.8
前作よりものめり込みやすくて、ドラマがあって、構成もしっかりしてて、ドキュメンタリーってノンフィクションではあるけど、実際のとこフィクションが少しでもあったからこそ良かったと思えた。

松井珠理奈が休養した本当の理由っていう重圧がやっぱり大きくてSKEが本当に潰れてしまうんじゃないか?と不安になる周りのメンバー達。
センター不在なら自分たちが頑張るしかない!っていう努力。
北川綾巴は本間に成長したんだと思ったし、昔ほどグループのこと知らないけど今のそれぞれの48グループの顔が卒業していく中、唯一SKEは知名度的に充実してるんやから今が本間にチャンスの時期だと凄い思う。
須田亜香里が卒業したらそれこそ終わるでしょうね。
SKE48を中心に、日本のアイドル文化を考えたドキュメンタリー映画

松井珠理奈の件はあんまり詳しくなかったけど、こんな背景があったんだということが分かった
自分だったらブチ切れてるわ笑

NGT48が世間を賑わせている中でアイドルについて考えることが出来る作品だと思います。

やっぱり北川綾巴が一番。
初見でいろんな人に見てもらいたい

最後の高柳さんの言葉にジーンときました
HK

HKの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

シネマスコーレでアイドル作品が観られるなんて、夢にも思わなかったですかね!
@シネマスコーレ。民放らしい社会的視点から見た、SKE48という家族の記録。
松井珠理奈がSKEであり続けることと全国的なAKBのイメージとのギャップからくる悔しさで壊れていってしまう姿は震わせるものがあった。
すべてを通して芯となっているのは ちゅり こと高柳明音のしなやかな強さ。斎藤や須田が時に迷い苦しむ中でも彼女だけは何かを確信してる。
このグループの持つ情報量は果てしなく多く、メンバーの数だけ背景がある。それは例えば、問題になった姉妹グループのことだけに限られたことではない。
それでも社会に切り取られるのは一面であり、あるいはそういう一面に捕らわれたファンやメンバーやスタッフがいて迷いの中で人を傷つけてしまうのなら真摯に向き合うことを忘れてはいけないのだと思う。
きき

ききの感想・評価

4.0
AKBグループのドキュメンタリー映画なんて誰がみるのだ、とよくいわれますが、女の子の欲望がなまなましくて、私はだいすきです。
「片想いFinally」「パレオはエメラルド」あたりのあふれるキラキラ感をどうしても懐かしく思いだしてしまうけど若手の子たちもがんばってるんだなあという思いと、運営に翻弄された移籍組の大場さんとか鈴蘭さんとか谷さんとかがいまだ健在でがんばってるの、なんかいいなあという思いと。
SKE48にはもうひと花咲かせてほしいと切に願っています。
MASTiX

MASTiXの感想・評価

4.3
途中で気づいたのは、薄っぺらいエンタメニュースを見てごちゃごちゃ言ってる世間の連中に真実を伝えたい、特に松井珠理奈についての誤解を解きたい、今のSKEの現状を知ってもらいたい、とにかく言いたい事が山ほどある、ということだった、そして、、とてもよくわかりました
賢者須田亜香里は血の滲むような努力により結果を残すことができた、総選挙一位を獲得した松井珠理奈も然りだがまだ終わりではない、目標はSKEを復権させること、しかし世の中には努力では叶わないこともあるという当然の事実をバッドエンドとして突きつけるラストに震えた
SKEについての知識はゼロ。出来心で鑑賞。
集団のアイドルって大変。
あれだけ年齢差があると、意識の共有はなかなか難しいだろう。
怒られてるこどもも、演技で泣いてるのでは?と見える。お姉さんたちはお気の毒。
映画としては、1時間位で飽きてしまった。
ナレーションが安っぽいドキュメンタリー番組のようで、残念。
ナゴヤドームでライブできるといいですね。頑張って!
さっこ

さっこの感想・評価

3.5
SKE48にリテラシーがなさすぎて若い子とか全然分からなかった。

48グループとかは握手とかLiveに行ったことはありませんが在宅で楽しませてもらってます。

そんなんでも観たのは総選挙の松井珠理奈関連のいろいろが観たかったから。
下世話ですが。
珠理奈推しではなく、むしろ苦手なんですけど、選挙以降はいろいろ話題ですよね…。

キャプテンの斉藤真木子さんが
総選挙前の珠理奈の言動おかしいから
本番何かあって「SKEがなくなっちゃうんじゃないか」
って言ってたのが印象的。
須田亜香里さんにしても誰にしても周りの方々は大変ですね…。
(須田亜香里といえば握手会でファンの方々のパーソナリティや何を話したかなどをノートに記入していたのには驚かされました。
努力したってホントに報われるかわからないけど、ここまでやれば確かに何か変わるかもしれない!
ちょっと勇気もらいました。)

支えよう支えよう、と皆んなに思われてる松井珠理奈さんはやはりメンバーやSKEファンからしたら特別な存在なんでしょうか。
若手の子がイヤになっちゃわないか心配です。
>|