ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREYの作品情報・感想・評価・動画配信

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY2020年製作の映画)

Birds of Prey: And the Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn

上映日:2020年03月20日

製作国:

上映時間:109分

3.7

あらすじ

「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」に投稿された感想・評価

Yuji

Yujiの感想・評価

4.0
ハーレイ・クインがとにかくカワイイ!
ハーレイ作品ならではの色使いが美しくて引かれました!前向きに生きるハーレイもいい!
やっと観れました。

前作にあたる『スーサイド・スクワット』は個人的に微妙だったのですが、その中で圧倒的に輝いていたハーレイクインが主人公。映画全体もキュートで破茶滅茶なハーレイクインを体現するかのような作りでした。それに加えてほんのり漂う不穏さも良いですよね。

『チャーリーズ・エンジェル』や『オーシャンズ8』のような女性チームものとしても楽しめます。尚且つ、男によって抑圧されてきた女性の爆発というテーマもがっちりハマり、男根主義的な社会に思い切り中指を立てるそんな映画に感じました。セックスシンボルと呼ばれたマリリンモンローの唐突なパロディとかまさに。

ジョーカーの庇護下にあったハーレイが真に自分という個人を確立させ、やってる事が良いとか悪いとそんなの置いといて己のために生きる姿が最高にクールです!
まさに覚醒!

そんなハーレイを演じるマーゴット・ロビーは、本作撮影時には『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 』と『スキャンダル』の撮影も行なっていたようで、全く異なる三者を同時に演じていたというのが凄い。

次作『スーサイド・スクワット2』もかなり楽しみになった一作でした。
yukari

yukariの感想・評価

3.3
女の子が強いのって最高!
KC

KCの感想・評価

3.7
DCEUシリーズの最新作。前作スーサイドスクワットで唯一良かった点とも言えるマーゴットロビー演じるハーレイクイーンの単独作。個人的に今までのDCEUシリーズは苦手な作品が多かったですが、今回のハーレイクイーンは良かった作品でした。暗いシーンの多いシリーズでしたが、今回はカラフルな場面、スプリンクラーの壊れた中での戦い、遊園地の中の戦いなどシーンとして楽しいシーンが多くてよかったです。またチームを作っていく過程も楽しく、それぞれのチームメンバーもとても好きです。個人的にはクロスボウキラーです。ボウガンを武器にしてかっこいいのですが決め台詞を練習するというお茶目なシーンもありとても良かったです。
ハーレイの記憶と現在を行き交う形で状況の説明をするのですがハーレイの記憶が曖昧だからこそテンポが悪く感じてしまいましたが、以前のDCEUシリーズに比べればテンポの悪さはまだマシだと思いました。

ハーレイクイーンがどんなキャラなのかも説明されるのでスーサイドスクワット見てなくても楽しめるのではないかなと思いました。気軽に見るにはうってつけの作品でした。
前半なんだかテンポ良くなくてダレちゃった。
ハーレイクインのぶっ飛び感があんまりなくて痛快感低め。
ぼくが見るべき映画ではなかったのかなという印象。そもそもハーレイクインのことも好きではなかった。
終始息苦しかったです。だって金玉攻撃しすぎ。
女の子だって強いのよ!って感じでした。

強い女の子はなんぼいてもええですからね。
sakura

sakuraの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

男に頼らない女の子たちのストーリーがとても良かった
スーサイドスクワッドでハーレイクインとジョーカーにハマりこの映画でも2人のシーンを期待していたけれど、ジョーカーがほとんど出てこなくてそこが少し残念だった
>|