風来坊

ストレイ・ドッグの風来坊のレビュー・感想・評価

ストレイ・ドッグ(2018年製作の映画)
3.0
「イーオン・フラックス」の監督さんですか…懐かしいですね。
ビジュアルにこだわる監督といった印象が個人的には強いです。芝生が針が印象的でした(笑)
本作でも日差しを幻想的に映したり、ビジュアルへのこだわりは健在。

ニコール・キッドマンさんの女優魂を感じる作品。老けメイクや病気メイクを駆使してよくもここまで役作りをしたと感心します。
まあ元が美人で自分に自身がないと出来ない芸当とは思いますけど。

ちょっとやり過ぎ感を感じる程に主人公が頑なで人の言う事を聞かない…。
それほどまでに心に傷を負ったという事でしょうが、ここまで酷いと警察うぃクビになっていないほうがおかしいと疑問点も…。
犯人もわざわざ挑発している割には何の対策もしていないし…。

回想シーンと現在を交互に入れながらの構成。小出しにしていく感じは悪くないけれどちょっと周りくどいと感じる部分もありますね。
正に執念といった感じでズタボロの心と身体を引きづりながら、犯人に迫って行く感じは凄味を感じました。

銀行での銃撃戦は緊張感がありました。
そして時系列をバラバラを逆手に取ったあの構成は見事だったと思います。

どうしても主人公が自己中心的に映ってしまい、こういう物語で主人公に感情が乗らないのは厳しかったです…。
やはり女性監督で女性主人公なので母性というか母としての生き方を描きたかったのでしょうね。その部分は好みが分かれるところでしょう。

物語としては個人的には首を捻る部分がありますが、とにかくニコール・キッドマンさんの演技と貫禄を堪能出来る作品と思います。

まとめの一言
「母の決意」