アド・アストラの作品情報・感想・評価

「アド・アストラ」に投稿された感想・評価

ジャパンプレミアにて観了。
アドアストラ…ラテン語で星の彼方へ。
孤独から早く逃れたかった男(息子)と
孤独を永遠に追い求めた男(父親)の
邂逅のない愛情の話。
星の彼方へ行っても贖いきれないものを抱えて答えを求める人間の悲しさよ。
SFというよりもヒューマンな内容にグッと寄せてきていた。
ある種、2001年宇宙の旅にリンクするようなストーリーだった。

虚無感に満ちた宇宙空間の描写と主人公の虚無感がないまぜになって、観てるこちらとしてはずっと緊張感があった。
表情のアップが多いので、自然と感情移入しやすいのかなと思った。
(意図的に登場人物全員のアップが多かったように思う。予算故なのか、ストーリーを盛り上げるための意図的なのかはわからないけど)

映像美が飛び抜けている。
あの美しい宇宙空間は、大スクリーンで観て欲しい。
CG少ないとの事だけど、たしかに表情のアップやコンクリ打ちっぱなしのような無機質な背景、水の存在を感じさせない砂漠などをうまく使い背景にCGを用いずとも宇宙っぽさを醸し出していて、うまく撮影してるなって思った。
それをして尚、宇宙の広大さや一歩間違えれば死に直結するような厳しさを感じさせた。撮影は本当に素晴らしいと思った。
全体量な雰囲気が好きでした、
[インターステラ]に似た感じかな。

いろいろツッコミどころはあるけど
ブラピも良かったと思います。

唯一気になったのは地球では
もっと時間が経ってないと
おかしいんじゃないかなと…
onotoraman

onotoramanの感想・評価

3.0
作り込みはすごい。純文学的
宇宙の彼方で行方不明となった父を探しの旅に出る物語、感動作品だと思って期待して劇場へ。美しくそして過酷な宇宙で孤独と戦うSFドラマ。展開は容易に想像できる。終始主人公に寄り添う演出なのにリアリティがなくファンタジーっぽく感じてしまう・・・。なんだろう、ものすごく退屈だった、演出が雑なのかもしれせん。
shihong

shihongの感想・評価

3.2
なんか、壮大な親子ゲンカだったな。。。
nozomibaji

nozomibajiの感想・評価

4.3
IMAXで観ればよかったと全力で後悔している、、、劇場で観れただけ良しとするか。

宇宙モノの映画って静かで、1人のシーン多いからナレーションばかりで眠くなるんだけど、最初から最後までサスペンス調、クライマックスみたいなシーンが多くて全く眠くならなかった。

「宇宙で1人の孤独=家族が恋しい=絆の物語」はもう何番煎じもされてきたテーマだけど、その家族がもしかしたら頭オカシイかもしれないってわかったら、精神的にかなりクルだろうし、それでも孤独の寂しさから抜けたい、事実を知りたい、っていう宇宙飛行士をブラピが大熱演している。

この前のワンハリであんなにおちゃらけたスタントマンやってたのに、今度は感情の起伏が全然ない宇宙飛行士を演じてスッと入り込めるんだから、ホント凄いよなあ。。。

月のシーン、火星のシーンはSF好きにはたまらんだろうし、画も綺麗だし、もっと評価されてもいいと思うんだけどな!
解放・昇華の話。
思っていたよりかなりスピリチュアルな話だったので驚いた。宇宙の描写はちょっと甘過ぎるけれど、メインはそこじゃないから仕方ない。
西洋占星術での惑星の象徴を当てはめてみると全く無関係とは言えない気がする。

‪月:「感受性・感情」外部から受ける影響による反応、変化を意味する。また‬女性を司る。
火星: 「積極性」エネルギー、闘争心を意味する。また男性を司る。
海王星:「みえないもの」不透明なものや神秘、幻想、夢、救済などを示す。悪い意味では嘘や欺瞞。目に見えないものや境界を越えた世界。

娯楽として、資源争奪の対象として搾取される月。
地位は与えられているものの確固な権力は与えられていない女性の火星の基地所長。
人間以外の生命体を発見するという夢に囚われ海王星に辿り着いた父。

長い宇宙空間はまるで瞑想の時間のよう。鼓動を連想させるようなリズムを刻む音楽も良い。そして繊細で優雅な映像。
雑念の生まれない映画館で観るべき作品。
水仙

水仙の感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

うーん、宇宙モノは好きなんだけどこれはちょっと合わなかったなぁ。
そもそも主人公がナレーションで喋りまくる映画はそんなに好きじゃないんだよな。
月の資源を巡る争いとか宇宙軍の思惑とか面白くなりそうな要素はいっぱいあったのに後半はそれらを全てぶん投げて父子の対話がメインになってしまい退屈した。
本作ではディスコミニケーションが徹底していて、主人公ロイは妻に去られ、宇宙軍には一方的にお払い箱にされ、一緒に火星まで旅した宇宙船の乗組員と殺し合い(しかもみんな嫌な死に方)、父親とは最終的に決別する。そしてロイ自身も人の死に対して冷淡である。そんな関係性の不和を延々と見せつけられたら陰鬱な気持ちになるしこの父子は結局自分中心だよなと思うと好感も持てなかった。

ただ、宇宙に浮かぶ青い海王星はとても美しかった。それだけでもスクリーンで見る価値はあると思う。
この映画に心を掴まれた。。
孤独について考えさせられる映画。
父と息子、地球と遥か彼方の宇宙の壮大な対比の構図があった。
ひろ

ひろの感想・評価

3.3
宇宙での静寂さ、孤独感がとてもよく伝わってきた、伝わりすぎて眠くなった。
父親はよく16年も宇宙船で1人で生けてこれたな。何をしたかったのかもよくわからなかった。
>|