ymmtdisk

守護教師のymmtdiskのレビュー・感想・評価

守護教師(2018年製作の映画)
3.5
ボクシングの元チャンピオンであるギチョク(マ・ドンソク)は、暴力沙汰によりボクシングコーチの職を失う。家族の協力を得て新たに見つけた仕事は、女子校の体育教師だった。慣れない仕事に戸惑いながら、失踪した同級生を捜すユジン(キム・セロン)と出会う。積極的に人捜しをするユジンの世話を焼きつつ、生徒の失踪に学校も警察も取り合わないことにギチョク自身も違和感を憶えはじめ……という序盤の流れ。

映画『EXIT』でひと目ぼれしたシン・セフィが出演しているということで(失踪した同級生)、初めてのマブリー映画はこれになりました。
失踪した同級生捜しを軸に、学校や警察、街全体の不穏な空気がじわじわとくる。
そこから映画『ホット・ファズ』を連想していたけど、あそこまで衝撃的な転換点はない。でも真犯人に関してなかなかよい展開をしてくれて、十分に楽しめた。
執拗に脇腹を攻めるところも面白かった。
ただ、警察の動きをもうちょっと足してくれてもいいのかな、とは思った。エンディングのカタルシスももっと欲しい。

マ・ドンソクの太い腕、大きな背中と、そのラブリーなキャラクターは、見ていて癒やされるものがある。見るからに頼りがいあるし。
キム・セロンは、映画のポスターでは「ん?」となったが、映画内ではかわいくて安心した。
安定のキム・セフィ。