inabow

麻雀放浪記2020のinabowのレビュー・感想・評価

麻雀放浪記2020(2019年製作の映画)
3.0
ハチャメチャな映画です。
中途半端なコメディ…というのが正直な感想です。"戦争再び勃発"、"東京五輪中止"、"AIによる支配"…これだけ攻撃的な要素を詰め込んでおきながら緊張感に欠けるシーン・演出の連続で台無しに。ご都合主義的展開もたくさん。白石監督の腕をもってすればもっとエグくて見応えのある作品にできたはずなのに何故にこうなる!?

白石作品群でいうところの『サニー/32』枠。この監督は実録物のときは、緊張感がありながらユーモアも張り巡らされていて見応えのある作品に仕上げるのですが、実録物以外のときはあんまりピンとこないのです⤵️
そこらへんのありきたりな映画とは一線を画す、何か面白いことをやろうとする気持ちは凄い分かるし好きなのですが、空振っちゃってるんです⤵️
味の薄~い三池崇史作品みたいな印象。

とはいえワクワクするシーンもありました。
昭和20年に斎藤工、的場浩司、ベッキー、小松政夫が麻雀対決するとこはずっとニヤニヤでした。これは役者たちの抜群の演技力の功績。特に的場浩司!あの眼力は流石です。カッコよかった。
しかし、この一番好きなシーンがクライマックスで残念な感じなっちゃうのがいただけない。

あと良かったのは『龍三と七人の子分たち』で"カミソリのタカ"を演じた吉澤健の怪演。Jホラー感ビンビンな牢屋のシーンは圧巻。

…ぐらいですかね良かったのは。

ピエール瀧…どんな暴れっぷりを見せてくれるのかと期待してたんですが、、うーん微妙。。
竹中直人…ゲスなおっさん役は板についてましたが、、いつもと一緒で新鮮味ゼロ。
岡崎体育…出番あれだけかよ。。

いろいろ言いたいことはありますが、楽しいっちゃ楽しいです。『サニー/32』よりかは1000倍マシです。