AQUA

コンフィデンスマンJPのAQUAのレビュー・感想・評価

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)
3.6
【ロマンス編】
ダー子にペディグリーペットを仕掛けてきたモナコを仲間に加え今回の
お魚発表ド~ン 香港の財閥、氷の女王ことラン・リウが持つパープルダイヤ。
謎の占い師としてリウに近づくも警戒されているところをイケメン詐欺師でダー子と過去に訳ありなジェシーが加わって事態は思いもよらない方向へ

このシリーズは誰が誰を騙しているのか、いつの間にか視聴者も騙されてしまうが逆にそれが心地よいという秀逸な脚本は『リーガル・ハイ』や『エイプリルフール』を手掛けた古沢良太さんなので安心して楽しめますね。
映画館とTVと配信と何度も鑑賞しちゃうのは登場人物の豊富さとつながりの世界観がしっかりしてて面白いからだと思います。


映画.com参照
長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が共演した人気テレビドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版。天才的な知能を持つが詰めの甘いダー子と、彼女に振り回されてばかりのお人よしなボクちゃん、百戦錬磨のベテラン詐欺師のリチャードの3人の信用詐欺師は、香港マフィアの女帝ラン・リウが持つと言われる伝説のパープルダイヤを狙い、香港へ飛ぶ。3人がランに取り入るべく様々な策を講じる中、天才詐欺師ジェシーも彼女を狙っていることが判明。さらに以前ダー子たちに騙された日本のヤクザ・赤星の影もちらつきはじめ、事態は予測不可能な方向へ展開していく。テレビドラマ版でおなじみのキャストが再結集するほか、ラン役を竹内結子、ジェシー役を三浦春馬、赤星役を江口洋介がそれぞれ演じる。「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどの脚本家・古沢良太がテレビドラマ版に引き続き脚本を担当。

2019年製作/116分/G/日本
配給:東宝