No1

コンフィデンスマンJPのNo1のネタバレレビュー・内容・結末

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)
4.3

このレビューはネタバレを含みます

いやぁー、スカッとしたー!
相手の動きをここまで全て詳細まで先読みして動けたらあらゆる仕事に応用出来る。
映画の構成としても素晴らしいけど、実際にこれを出来る人がいたらマジで天才。だって本当に全ての作戦を始める前から決めててその後の打ち合わせもなしで進めてるってことでしょ。
あとは配役も素晴らしい。
特に竹内結子が、、途中までは可哀想な氷姫だと同情してしまっていたのが、、まんまとやられた。
三浦春馬は絵に描いたようなモテ男でそれが逆に踊らされてたというのが個人的ツボ。その滑稽さを感じさせる為にバッチバチにキメに来てたのなら流石。
エンドロールで生瀬さん書いてたけどどこに出てた?って思ったらその後に出てきてホッとした。