reitengo

コンフィデンスマンJPのreitengoのレビュー・感想・評価

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)
3.2
結論。テレビで見るくらいが丁度いい。テレビと同じ事を1時間半?ほど劇場で集中して見ていても胸焼け。家でながら観するくらいが丁度いいんだなーと。そういう確認になった。後半の整理整頓も曖昧。特に江口洋介演ずるボスの権威の形骸化は薄っぺらく残念。映画だから見せれるスリリングさはもっとやり込むべき。とは言え長澤まさみのコメディエンヌっぷりはキレキレで楽しい。表情の豊かさと動きが丁度合ってるのかな。

いろんな映画のシーンのサンプリングは....ゴーストネタは好きです。