wakwdg

アマンダと僕のwakwdgのレビュー・感想・評価

アマンダと僕(2018年製作の映画)
3.8
日常とどう折り合いをつけるか。

劇的でショッキングな事件が起きながらも、それによる憎しみではなく、喪失後の日常を優しい眼差しを持って静かに描いてゆく。陽の光を浴び、進んで行く人々。

ヴァンサン・ラコストのファンになった。

TIFFで鑑賞