アマンダと僕の作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

「アマンダと僕」に投稿された感想・評価

tmon

tmonの感想・評価

4.0
後半は涙腺が緩みっぱなしだった。日本ではテロなんてほぼないけど、大切な人を無闇に奪われてどう生きていけばいいか分からなくなる事象はそこらへんに溢れてる。
誰しも心の支えになる人が必要。愛が何かわからなくなる前にそばで手を握ってあげられる人がみんなのまわりにたくさんいるといいな
Elvis has left the building
「エルヴィスは建物を出た」=楽しいことは終わったという意味

人生はカオス

あれこれと計画を立てるんだけど、思った通りには行かないもの。

青年の成長、家族や純粋さの重要性への気付きを描いた作品

カメラワークと子役の演技が印象に残った。彼女から目を離すことが出来ないくらい演技が素晴らしかったです。

フランスのパリでは、今でもテロへの恐怖や対策があるんだなと作品の合間に見受けられました。
はまち

はまちの感想・評価

4.3
アマンダが抱きつくシーンはグッときたな〜
25歳なのに決断できて本当にかっこ良い。
歳が近いから自分と比べてしまうな、、、。
1つの事件でたくさんの人の運命が狂わされる、、、。

やっぱりパリの暮らしすごく憧れるな〜
でもパリ行く前に見ちゃったのはちょっと後悔、、、怖い、、、
ブッチ

ブッチの感想・評価

3.7
いい映画。
映像もストーリーも綺麗。
ステイシー・マーティン好き。
SARY

SARYの感想・評価

4.8
ただ隣に居て笑い合う、相手が悲しい時は落ち着くまで手を握ってあげる。それだけでいいんだよ、それが必要なんだよね。って改めて思う。二人の愛情と友情に泣けた。誰かと一緒にいる事も必要だし助け合いだ。食いしん坊のアマンダに救われる。
派手さはないがそれが現実味を増す。少女に母の死を伝える瞬間やテニス競技場での主人公の泣き方がナチュラルでリアリティが増す。少女を誰が引き取るかでもっとストーリーが引っ張られるかと思いましたが、それはなく他映画と差別化されていたと思います。
ぶちゃ

ぶちゃの感想・評価

2.5
ある日突然子供の面倒をみることになると、うさぎドロップみたいな展開になるのだが、そこでの苦労やなんかはオミットされていて消極的。

一応ラストには成長も見られるのだが、主人公も女の子もあくまで"普通の人"で、面白みにかけるように思えた。

そんななか、ちゃっかりと可愛い子とSEXしててなんかムカつくし、服装と髪型ファミコン芸人藤田だし...
ko0

ko0の感想・評価

4.0
良い温度感の映画。
パリやロンドンという街の切り抜き方が面白い。
自分もダヴィッドくらいの年齢で父を亡くしたけど、死との距離感がとてもリアルだと感じる。泣きじゃくるわけでなく、時折ふっと哀しくなる、そのあたりが上手く表現されているなあと感じた。
ごく近しい近親者の急死、若くして幼き養子を迎える、パートナーとの出会い、物心もつかない間に去った母親との再会と、親・子・愛・死と人生の中の大きなテーマを淡々と描く。淡々と描く点が本作の妙味だとは思うが、これだけの人生の岐路を描くわけだからもう少しカタルシスが欲しかった。まだこれからの監督だと思うので今後に期待といったところか。


それにしても、レナ役のステイシー・マーティンがとても可愛くて個人的に当たり。これはニンフォマニアック見ないとな…。
joy

joyの感想・評価

4.2
子役のキャスティングに、どれほどの時間をかけたんだろうか。

この映画にとって最も重要で、最も成功している部分だと思う。

何せこの子の表情が。

そりゃもらい泣きもする。

ストーリーを引っ張っているのが大人な為、大人の目線で進めていると、ふとした瞬間子供の目線が入ってくる、ここにものすごく感情が入り込んでくる。
>|