こぅ

ブラ! ブラ! ブラ! 胸いっぱいの愛を/ブラ物語のこぅのレビュー・感想・評価

4.1
ファイト・ヘルマー監督による、ブラ探しの
【ファンタジック・ロードムービー】。

公開時タイトルは、単に ブラ物語 だったそうな。

ジャケ写から想起するファッショナブル感は無い。

定年を迎えた鉄道運転士ヌルラン(ミキ・マノイロ
ヴィッチ)が、列車に引っかかった【青いブラ】の
持ち主を探しに、、

正直、話は全く大した事無い、、
からこそこの手法、作風にしたに違いないと勝手に
理解した。

これだからシュールな【クスッ】が効いてくるの
だろうと、、。
(ただ、設定的な不自然さはしっくり来ないが。)
このシュールな 間 加減は、アキ・カウリスマキ作品
に非常に似たもの。

劇伴も良いが、曲調は物寂しい、、。

長い貨物列車のロングショットやアゼルバイジャンの
町並みや川沿いの道や草原などヨーロッパ作品特有の
色調で【映像美】がふんだんに。


終盤の展開は馬鹿げているが、【様々なおっぱい】が
拝める〜ラストに向けて、結構無理矢理感を感じたが
、、青ブラの オチ は、優しく良かった。

注意深くしっかり観ていたら持ち主読めたかも⁈

【ツバル】の2人、、
チュルパン(43)は未だに可愛いな。
久々に見たドニ・ラヴァン(57)も良かった。