磯野マグロ

メランコリックの磯野マグロのレビュー・感想・評価

メランコリック(2018年製作の映画)
3.8
【 予想外のエンディング】

松本(役名)がいい。松本がかわいい。見た目はいわゆる金髪豚野郎(©︎泰葉)なのに、じつはいろいろ達人で、苦労人で、でもすれっからしてない。鍋岡のバカのことを気にかけてくれてる。
あんた、松本のこと大切にせなあかんよ鍋岡和彦!
実はそんなに脚本の出来は良くない。最初のうちはイライラして暴言を吐きそうになった。とくに女子、というか鍋岡の彼女、百合はいろいろ不自然だし都合よすぎるし、いわゆる「出来た女」で、何考えてるのか、かえって気味が悪いくらい。
ただ、松本の本性が見えてきたあたりから、映画が一気にかわいらしくなる。やってることはかなりひどいんだけど、ヤクザのリアリティはないし、殺人のリアリティもない(なんか浮世離れした殺されっぷりなんだよね。やっぱり舞台が風呂屋のせいかな)。松本のCQCはなかなかいいんだけど、市街地の建物の中の銃撃戦とかシチュエーションが不自然なので、どこかおかしみがある。
でも、そんなリアリティは最終的にはどうでもよくなって、なんだか、いやーかわいい、いやーかわいい、と思いながら見てた。エンディングもなぜかさわやか青春映画みたいになってて、ちょっとまてお前ら犯罪者だろ、とw
鍋岡が、なーんもできないくせにプライドだけ高くて、偉そうで、めんどくさくて。口ぐせが「いや。ちょっと」とか、もう最低。自分にそっくりでうんざりする。でも松本と名コンビなのよ。いや松本がよくできてるから成り立ってるんだけど、鍋岡は松本に持ってないものを持ってる(揚げ物ばかりつくる母親とかw)。童貞のくせにわりと積極的だし。

204