mako

カーマイン・ストリート・ギターのmakoのレビュー・感想・評価

4.5
グリニッジ•ヴィレッジに位置する「カーマイン•ストリート•ギター」。
パソコンも携帯も持たいないギター職人のリック•ケリーとパンキッシュな装いの見習いシンディ、リックの母親の3人で経営している。

音楽に疎く、特に洋楽は無知なのでカーマイン•ストリート•ギターを訪れるギタリストたちを知らなくて😅詳しい方が観るとテンションが上がるのでしょうね。
ビル•フリーゼル、マーク•リーボウ、チャーリー•セクストン(ボブ・ディラン•バンド)、ネルス•クライン(ウィルコ)、カーク•ダグラス(ザ•ルーツ)、エレノア•フリードバーガー(ザ•ファイアリー•ファーナセス)、ジェイミー•ヒンス(ザ•キルズ)、レニー•ケイ(パティ•スミス•バンド)etc 映画監督のジム•ジャームッシュも。

この店のギターは、ニューヨークの建物の古材を使って作られています。
200年経ったホテルやバーの建物。解体されると聞くと古材を貰いにいく。タバコや酒が染み込みこんだ古材。それをギターに作り変える。解体するときについた傷跡もそのまま。それがカッコよかったりする✨

見習いのシンディはアートスクールに通っていたことから、細かい作業が得意で、ウッドバーニングや、ペイティングを施したギターを作る。

ギター愛がつまった素敵な映画でした。
試しにギターを弾くギタリストたちの楽しそうな姿やリックとの会話が温かい。
黙々とギターを作るリックとシンディの姿もいい。飽きずに観ていられる。
月曜日〜金曜日のギターショップが映し出される。どの曜日もよかったけど、私は特に木曜日がよかった♪

お店には他にもギタリストの写真が飾ってありました。私はポカンでしたが😅

ギターに詳しくない私でも、とても楽しめました♪
リックの笑顔が素敵でした✨
店内も素敵でした✨




日本語字幕 大西公子
劇場鑑賞 #101
2019 #145