15Malaysiaの作品情報・感想・評価

「15Malaysia」に投稿された感想・評価

15人の監督がそれぞれの表現で今のマレーシアを切りとった短編集。
日本の「21世紀の女の子」は似たような作品が多かったりしたけどこれはそれぞれアプローチが違うくて、描くマレーシアの問題も違っててとても興味深く観れましたし、それと同時に1つが5分の短編なので短編作品の勉強にもなったのでとても有意義な時間を過ごせた作品でした。
asuka

asukaの感想・評価

4.3
ヤスミン・アフマド監督のチョコレート目当てで鑑賞。
ピート・テオさんはとても素敵な音楽を作られる方というイメージで。
鑑賞後の今は、あれ、ピート・テオさんって何者!?ってなっている。

短編集なので、色んな監督の作品、色んなテイストの作品が観ることができてとても楽しめた。
マレーシアの現状に問題意識、何かを変えたいという気持ちの強い人が多いんだろうなぁということにも今回初めて気づけた。

これ、面白いなぁ!って思って、後から考えたら「うわぁ」ってびっくりしたりとか。
最初観始めたとき、なんとなく思ってたんとちゃう…とか思って本当にごめんなさい。

チョコレートはもちろんだけど、チョコレートのメイキング、Here In My Home(最高!)、あとどれかの作品で通りすがる女性の役でヤスミン・アフマド監督の元気な御姿を拝見できたのはとても嬉しかった。
ちなみにTHE HOUSEでしたっけ?
あれ、涙が出てくるくらい好きだった。

それと今作を鑑賞時にはまだタレンタイムと細い目しか観てない私だったけど、とてもニヤニヤできる配役で!
いやー、観ることができてよかった♡
mfvlt

mfvltの感想・評価

-
ヤスミン・アフマド『チョコレート』のみ鑑賞
eigajikou

eigajikouの感想・評価

4.0
イメージフォーラムのヤスミン・アフマド特集で全作品見直している中で、
本作だけ初見。
(東京国際映画祭では迷ったけど他の作品を見たため)
ヤスミン映画常連さんが他の監督作品に出てるのを発見する楽しみもあった。
内容はシリアスなものから怖いもの面白いものなど多様な短編
ヤスミン監督の遺作『チョコレート』のメイキングで元気そうな監督を見て泣きそうになった。
ヤスミン・アフマド監督特集上映(@シアターイメージフォーラム渋谷)にて鑑賞。
この作品は「特別上映」された15人のマレーシア人監督によるオムニバス映画であり、ヤスミン・アフマド監督作品としては「その15短編のひとつ」だった。
なので、観に行くかどうか少し迷ったが、ヤスミン監督の短編『チョコレート』&『チョコレートのメイキング映像』&(ヤスミン監督のMusic Video)『Here in My Home』が観られただけでなく、ライナス・チャン監督の短編にヤスミン・アフマドさんが通りかかる教師の役で出演していたのが観られたので、観て良かったと思う。

ヤスミン監督の遺作となった短編『チョコレート』は、ある店に女性(シャリファ・アマニ!)が物を買いに来るのだが……というホノボノした作品だった。
ぶっちゃけ、思ったよりも短い!(笑)

ただ、この短編に続いて、この映画のメイキング映像で「ヤスミン監督が楽しそうに映画を撮っている姿」が映っているのを見て、幸せな気持ちになった。
また、ヤスミン監督が「コン・リーは『紅夢』の冒頭で顔のアップが映って泣くシーンがあるが、あんな感じの映像が撮りたい」とおっしゃっていて、「なるほど、『紅夢』のあのシーンは名場面だからなぁ…」と思ったりしながら観ていた。

また、(Music Video)『I Go』も併映された。
このMVはヤスミン監督ではないが、あの『タレンタイム』の音楽のMVなので、これまた幸せ🎶

ヤスミン監督以外の14人の監督作品も、マレーシアを愛する気持ちに溢れていた。
実写だったり、一部アニメーションだったり、バラエティに富んだ描き方で観ていて飽きることはなかった(^^)

やはり、ヤスミン・アフマド監督特集で上映されるだけあって、ヤスミン監督に捧げる想いを感じる上映であった💖
大野

大野の感想・評価

-
ヤスミン・アフマドだけ観た。
ヤスミン・アフマド以外にも面白い切り口でマレーシアの日常を描く作家がいるんだなと。政権が変わって更に前に進んだ今やを描く作品をまた観たい。
ヤスミン・アフマド特集にて。

ピート・テオプロデュースの短編オムニバス。
ヤスミン・アフマドの「chocolate」目当てで鑑賞したが、彼女以外にも沢山の映像作家たちが其々の視点と表現方法でマレーシアの現在を切り取っており楽しい。

全体的にはポップな作品が多かった印象。
TOT

TOTの感想・評価

3.0
ヤスミン・アフマド監督短編『Chocolate 』のみ英字幕版で鑑賞。
https://youtu.be/1HPt4Is5V50
店番の中国系青年と、店に訪れたマレー系女性の交流。
『タレンタイム』のカーホウとメイリンが親子役、『タレンタイム』の助監であり『細い目』『グブラ』のオーキッドでおなじみシャリファ・アマニも出演。
使われてる曲も『タレンタイム』と同じく、ピート・テオの「Break Up」。
メイキングだとヤスミン監督の演技指導や、気さくな現場の雰囲気が見れる。
カーホウとシャリファ・アマニのじゃれあいかわいい。
https://youtu.be/RiXTS-QKqT4
2017年に『アケラット-ロヒンギャの祈り』で東京国際映画祭にやってきた時にはぐんとセクシーになっていたカーホウくん。
現在は役者、監督、モデルと幅広く活躍。インスタグラムにはシャリファ・アマニもたまに登場したりhttps://www.instagram.com/p/BIZ9rmxDFMJ/?igshid=rx1s79p0jd90ヤスミン監督を母と慕っていたりhttps://www.instagram.com/p/2gZu1PxB0c/?igshid=1kcqxpxs9l6skタレンタイムが生み出した絆が今も続いていることに胸いっぱいになる。

と、イメフォのヤスミン・アフマド特集に行きたいなと思いながら前に観た想い出投稿。
ヤスミン・アフマドは永遠です。
マミコ

マミコの感想・評価

3.2
ちょっとやばいのあったけど、チョコレートよかった!あの俳優たちどちらも最高…
>|