アポストル 復讐の掟の作品情報・感想・評価

「アポストル 復讐の掟」に投稿された感想・評価

みゆき

みゆきの感想・評価

3.5
痛い!!!
誘拐された妹を救う為にカルト教団に潜入するという自分が大好きな展開のあらすじにひかれて見ました!!

前半はとても良かったです!
村の怖い雰囲気やら謎の行動やらあったり、ばれないように色々なとこを嗅ぎ回って探索するとこはハラハラして
この後どうなってしまうのか!?という期待が
ただ後半は何かガラッと雰囲気が変わって妹を探す助けるより、村の謎に迫る感じがメインになってきて
そして謎の村の女神的な存在が出て来てファンタジーな方向になってきて自分的には残念感が多少…
色々な展開や神の話やらで後半は自分の頭がパンク気味に\(^o^)/

頭ドリルやら人間ミンチ装置とか後半良いグロポイントはあったけど何か失速気味な印象でした

主人公のダン・スティーヴンスの鋭い目つきがとても格好良かったのと
ゲームのサイコブレイクを思い出させる映画だなと思いました
屋内で取っ組み合いになるシーンの撮影が素晴らしく、またザ・レイドが観たくなった

それ以外は可もなく不可もなく
宗教も黒魔術もオカルトも大好きで
ちゃんと胸糞悪くさせてくれたのでこの評価
痛いシーンが多すぎたので個人の好みですが下げた点があります。
そのおかげで悪役のヘイトを高め切った点では評価できるし
単にまだまだ耐性がないだけかも
2019年86本目
連想した作品『ウィッカーマン』
ギャレス・エヴァンス監督作なので鑑賞

前半は演出も脚本もどこかで見たことがあるようなものだけど、後半から興味深くなっていきます。なかでもバイオレンスシーンは非常に素晴らしく、見てるこっちがイタイイタイでした。見たことない機械で拷問、処刑されるとヒャッハーな気持ちになれますね。

マーク・ルイス・ジョーンズさんのクソムカつく男感も良かったし、ダン・スティーヴンスさんの頑張ってる感も良かったです。(『スモーキング・ハイ』のダニー・マクブライドさんを思い出しました)ルーシー・ボイントンさんはかわいすぎる。ラミ・マレックさんが羨ましい。
30分。

『ザ・レイド』の監督。カメラと被写体の距離感、揺らし具合に耐えられず、序盤早々から参ってしまった。

展開が遅い。
さ

さの感想・評価

3.0
記録
さち

さちの感想・評価

3.9
色々とヤバい。容赦ない。
絶対公開できなかろう拷問シーンがカオス。
130分もあったのか…🤭
yt

ytの感想・評価

4.0
脳天ドリル
異様なカルト集団に妹を救うために男が潜入するホラー映画。

特筆すべきはグロさとクレイジー極まりない処刑器具だと思う。

主人公が非常にタフでホラー映画にしては安心して見れるし、終わり方も収まるところに収まる感じで悪くなかった。
レイドシリーズで有名なギャレスエヴァンス監督だけあってアクション映画じゃないのに素人同士の殴り合い、殺し合いのシーンがかなりの迫力でした。
>|