おじょー

運び屋のおじょーのレビュー・感想・評価

運び屋(2018年製作の映画)
4.1
イーストウッドの人生の年輪を感じる作品でした。
やってることは犯罪なのに、犯罪だと感じさせない。

家族を養うために仕事をするが、仕事をすればするほど家族との距離が離れて行く…
皮肉なものだ。

いつしか自分の中の優先順位が家族より仕事になり、気付けば孤独になっていた。

お金で誰かの役に立つことが、彼を孤独から救い出していた。
可愛い孫娘の役に立ちたい、友人の店を再建させてあげたい、だからお金を稼ぐ必要があった。
そして選んだ仕事が運び屋。

警察犬が登場するシーンでのあの機転の良さ。

“タタ”の相性で組織の中でも一目置かれる存在になり、ガソリンスタンドの連中と次第に仲良くなっていく様子がほっこりする。

タタのした最初で最後の寄り道。

犯罪映画でハッピーエンドは考えられないけど、なぜかハッピーエンドに近いものを感じた。
ラスト、かっこいいよじいちゃん。涙

イーストウッド作品まだまだ観たい。