Max

運び屋のMaxのレビュー・感想・評価

運び屋(2018年製作の映画)
3.7
家族に見放され家も失った男が、運び屋として新たな収入を得る話。

ステイサムのトランスポーターみたいなカッチリした運び屋ではなく、爺さんらしく自由気ままに運んでいく。
途中の寄り道なんて当たり前笑

インターネットや携帯など現代の文化への批判も込めている。
そして家族が一番大事であるというメッセージも。

退役軍人だから麻薬組織など何も怖くない。
堂々とチンピラにアドバイスするのは笑った。

そして豪華キャスト。
アンディ・ガルシアが組織のボスは適役すぎる。

面白かったけれど、イーストウッドの他の作品と比べると普通かな。