運び屋の作品情報・感想・評価

上映館(3館)

運び屋2018年製作の映画)

The Mule

上映日:2019年03月08日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「運び屋」に投稿された感想・評価

長いこと無違反運転してればきっと誰かが評価してくれる、真面目さが報われる優しい世界に涙不可避
とても90とは思えぬ快傑ジッジマン(趣味:説教)ですが、高齢ドライバーの事故が頻発する昨今だけに、ブツより先に自身をあの世へお届けしてしまうのではと、緊迫感満点の映画視聴でした
Hana

Hanaの感想・評価

3.9
簡単なことなのに、それができない
なべ

なべの感想・評価

4.0
俳優のイーストウッドは好きだが、監督イーストウッドの良さがわかるまで随分時間がかかってしまった。
ハリウッド的ケレンの少ない、飄々とした語り口にハマることができなくて、でもこれをおもしろがりたいという気持ちはあり、ずっと歯がゆく思っていた。
幸いにも50を過ぎた頃から(グラン・トリノあたりかな)、彼のリズム感や語り口が心地よく感じるようになり、ようやくイーストウッド節に乗れるようになった。
で、運び屋だが、とてもよかった。てか、こんな役イーストウッドしかできねーじゃんね。
爆笑はしないのだが、クスクスはいっぱいあって、淡々としてるのに、しみじみするテイスト。ああ、イーストウッドの映画だわ。アメリカン・スナイパーみたいに考察するところはないけど、自分ならどうするだろうと思う瞬間はいくつもある。
こんなジジイになりたいなあとつくづく思ってしまったよ。3Pは別にいらないけど、エロスにビビらない積極性は持ち続けたい。
新宿ピカデリー
きの

きのの感想・評価

-
久々のイーストウッド。
歳をとってなお、いや、歳をとったからこそこういう作品がつくれるのかなと思った。素晴らしかった。
RECO

RECOの感想・評価

2.5
気づかない間に、気づいたら結果こうなっていたってこういう感じなんだろうなって。家族ほど大切にしないといけないものはないっていうのも、失って気づくっていうのも、こういう感じなんだろうなって。
失うものがなくなった時、何も怖くないっていうのもこんな感じなんだろう。
実は私一番好きな監督が、イーストウッドなんです。人間関係をドライに描いてくれるところが好き。

高齢で麻薬組織の運び屋になったアールと、彼を追う警察の間に奇妙な繋がりが生まれるんだけど、それを「絆」と呼ぶような大層なものとして描かないところ。

一瞬すれ違ったぐらいのあっさり感で、でも人生に確実に影響を残しているような、わかりやすく人間関係を描く手抜きをせず、微妙なニュアンスを演じられるところ、演出できるところが、しっくりくるんです。
こじ

こじの感想・評価

3.7
目黒シネマにて!そもそもこういう手作り感満載の映画館が好きすぎる。そして1,500円で2本。最高か。

90歳のおじーちゃんが運び屋。昨今問題になりまくってる高齢者運転、さらに車停めてビールも飲んでたよ。やばいね。でも実話を基にしてるから怖い世の中ですね。

仲間に愛されてるけど、家族に愛されてないおじーちゃん。少し寂しくなった。
クリントイーストウッド大丈夫かな?
死なないでよ
海

海の感想・評価

4.5
イーストウッド渋すぎる。。

運び屋になろ
>|