運び屋の作品情報・感想・評価

運び屋2018年製作の映画)

The Mule

上映日:2019年03月08日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「運び屋」に投稿された感想・評価

ニニ

ニニの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

クリントイーストウッドの監督映画はいつも私に言葉を失わせます。
確かに何かを受け取ったはずなのにそれを上手く言葉にできず、もどかしい。

クリントおじいちゃんがハンドルを握ってアメリカの雄大な景色の中を進む姿は、さしずめほのぼのしない/できない『ストレイト・ストーリー』みたいだった。

運び屋の職に手を染めるきっかけが距離を置かれている娘一家の孫娘の結婚式費用だったり、拠り所だったダイナーの営業再開のためだったり、寂しい人が搾取されるパターンの構図に思えてしまっていつ悲しいことが起こるのかと怯えながら観ていたけれど、本作は理不尽な仕打ちにワナワナすることはなく。
むしろ、好き勝手にしたいようにする頑固ジジイの振る舞いでマフィアの若者と打ち解け、クスリと笑えるシーンも多数。(ダジャレじゃないよ)

最後は組織も追ってこられないあの場所で、好きなデイリリーを育てたり、できるだけ面会に行くと言ってくれた家族達ともほどほどに交流しながら余生を過ごすのも悪くないよねと思えるまさかのハッピーエンドで嬉しい誤算。

クリントイーストウッドが俳優業引退を宣言した『グラントリノ』からもう10年。新たな作品が世に出るたびに「これが遺作になるのかも」と覚悟をしてきたけれど、まさかこんなに長いこと引き続き素晴らしい映画を見させて貰えるなんて。ご本人はどう思っているのかわからないけど、まだもう少しあなたの映画が観たいです。健康で長生きして下さい。

《SCREEN6》

配給:ワーナー・ブラザース
NAOKI

NAOKIの感想・評価

4.2
クリントイーストウッドの作品はどれも好き。
Sayuri

Sayuriの感想・評価

-
正直、この映画の予告で押し出しすぎてた印象はあるけど
実話だと考えると、とても最後まで展開が気になった映画だった
KAREN

KARENの感想・評価

4.1
実話てすごいね…
おじいちゃんも 麻薬運んでるって最初分からんやったんかな?笑
なんか勝手に伝説の運び屋かと思ってたらちょっと違った。
型破りだけど、人情味あふれる行為や人のこと御構いなしの失礼爺さん、だけど憎めず、いつしか応援してた。
Kousei

Kouseiの感想・評価

4.0
Car good!!
ばろん

ばろんの感想・評価

3.6
緩急の付け方が良かった
やっぱりイーストウッドは退役軍人会が好きだよね。
Cassandra

Cassandraの感想・評価

5.0
仕事を1番に考えてきて家族から疎まれていたおじいちゃんが、麻薬の運び屋を始めてしまう物語(´ー`*)カナー

こういう悪い感じ?の映画ではよくある気がするけど、麻薬を除けば登場人物がみんな良い人達ばかりでホッコリするような場面も沢山あった(*´︶`*)

物語は刻みよくサクサク進んでいくけど、おじいちゃんはノロノロした動きで、メリハリのある映像(・・?)なのかな笑
話は分かりやすくて観やすかった♪

人生で大切なものについて真剣に考えさせてくるような作品だった(*´ω`*)
終始何かが起きそうな威圧的な雰囲気とは裏腹に淡々と進むストーリーに隠れた暴力と静かな愛が心地よかった。
歳をとっても変わらないものを大切にしたくなった。
>|