運び屋の作品情報・感想・評価

運び屋2018年製作の映画)

The Mule

上映日:2019年03月08日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「運び屋」に投稿された感想・評価

期待を裏切らない。

果たしてあの結末はハッピーエンドとバッドエンドのどちらに解釈したらいいのか。

クリント・イーストウッドは、またもや惜しみなく渋い渋い渋い。
ダメ男で破天荒なクリント・イーストウッド演じるアールの、自分勝手で人生いきあたりばったりな生き様は、老人だけではなく、まさに現代を生きる全世代の人たちに示唆するものがありそうだ。

人は皆孤独に生きている。
それは変わらないけど、それでも隣にいてくれる存在が大切じゃないとは限らない。

令和を迎える明日。平成最後に、映画らしい映画を観れてラッキーでした。

p.s. まだまだクリント・イーストウッドの作品をこれからもたくさん観たいと切実に願う。末永く元気に生きてください!
90歳になっても学ぶことがあると、、
限られた時間を大切に使わないと
ストレートでシンプル。素晴らしいっす
TES

TESの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

タタの家族、仕事に対しての苦悩と後悔の思いに心動かされる。


タタの捜査官に対しての家族に対するアドバイスの言葉が深くて重い。
Kayoame

Kayoameの感想・評価

3.8
Just for the record.
Taka

Takaの感想・評価

3.5
敬愛するイーストウッドここ最近の数作品の中では一番面白かったかな。
麻薬の運び屋であるイーストウッドと運び屋を捕まえようと動く捜査官のブラッドリークーパーのやり取りが特に良い
ne

neの感想・評価

4.3
犯罪もののサスペンスだけど焦点は常に家族愛に合わせられていて 和む雰囲気はあるもののどこか緊張感が添えられた大人な映画だった。

反省しても時間は戻らない。
取り戻したいと思える時間ほど 貴重で大切な時間である。
だが、失っている時はその大切さに気づけないから 常に自分の心を見張り、大切な人との関係・感情を大切にしなければならないと再確認した。
【アール爺さんと走る車】

今のクリントイーストウッド
だからこそできた作品でしょうか。

"家族が一番"
"仕事は二の次"
メッセージ性のあるラストは
感動しました。
JunInomoto

JunInomotoの感想・評価

3.0
結構ひどい話なんだけど、ひたすら淡々と進むのがリアルで良かった
>|