運び屋の作品情報・感想・評価

運び屋2018年製作の映画)

The Mule

上映日:2019年03月08日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「運び屋」に投稿された感想・評価

最近になって実在の人物や事件を題材にする事が多いクリントイーストウッドが、その役者としてのスター性を利用しつつ白人至上主義な票の集める内容に終始し、アメリカの命題や闇にも一矢報いるテーマを掘り下げて来て、昨今ではアメリカにおける移民文化や近代科学などにも注訳する様にもなってきたと思うが、90近いジジイが麻薬の運び屋をするという内容だけで圧勝なテーマながら、毎度のごとく、いやそれ以上に生き急いだかの様な撮り方と衰えを隠せない「節」など、こと映画的な真新しさや表現云々の評価は決して甘めに見ても出来やしないが、齢80にもなって、老いぼれた自分をさらけ出してこの映画を撮って、それでもまだ次の作品を発表すると云うのだから、今までのイーストウッド作品が個人的に評価が低いものの、その「アメリカを代表する存在」としてはもはや指示とチェックだけして他の監督やスタッフに任せた感すらあるが、今まで培ってきた繋がりを最大限に生かして題材を拾い集めて表現する「自分の見せ方を極めた人生」としても、個人的妄想の奥に見える像が、この作品を見て"あっぱれ"という評価の対象に繋がった。
凄い。イーストウッド。

ハラハラドキドキ。
でも途中から寄り道の楽しそうなのを
一緒に楽しく見ちゃう感じ。
ゆるっと続くけど見ちゃうよねえ。
bb

bbの感想・評価

3.9
じいちゃん、やめてーって思いながら見てた。でも人間は弱いもんで続けちゃうんだな、これが。
アリーと続けて見たもんでクーパーさんのギャップに釘付けになりました。
wareko

warekoの感想・評価

3.5
記録。
おいおいまた寄り道しちゃってるよ全くもう!
て微笑ましく観れる。
ゆうり

ゆうりの感想・評価

3.2
90歳のお爺さんの罪悪感みたいなものが、3回目くらいから無くなって、楽しんでいるのが面白かった。
T

Tの感想・評価

3.5
自由すぎる運転とそれにイライラしてた2人が可愛かった
Nunu

Nunuの感想・評価

4.0
見ていて思ったのはイーストウッドの手のシワや二の腕のたるみとかがリアルだなーって事 分かってはいるけど改めてこのおじちゃんは90歳越えの生ける伝説なのだという事 でもまだまだ元気そうで安心した

個人的にはガレージで荷物を貰うシーンが好きです。カルテルの人達めっちゃ良い人だし笑 銃突きつけられても「わしは戦争に行ったからそんな物怖くないぞ」とか言ってまあ確かに「グラン・トリノ」でショットガンぶっ放してたからいざとなれば勝てそう感あったし

主人公の家族は不憫だが、最後捜査の手が迫り逃げ場がない事を悟った時のイーストウッドの表情が絶妙で、つい彼を肯定したくなってしまった
たき

たきの感想・評価

4.0
どうしよう、やさしいひとしか出てこない(´;ω;`)ブワッ
どんな悪党もみんなやさしくなる(´;ω;`)ブワワッ

最初はひりひり。バレるんじゃないか、もうバレるんじゃないか、今バレるんじゃないか。
次第に沸き上がる疑問。
なんでこんなにのめりこんでいるのか。金か? そんなに金が大事か?
けど、孫からの電話からの展開で、一気にすとーんと腑におちる。
涙腺決壊する。
その後はもうずっと泣いてました。画面見えませんでした。焼酎返してください。
すごいわ。
さすがダーティハリーや←無関係な
>|