運び屋の作品情報・感想・評価・動画配信

運び屋2018年製作の映画)

The Mule

上映日:2019年03月08日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「運び屋」に投稿された感想・評価

名演技。淡々と物語が進んでいくが、そこに入る音楽たちが心情などを、伝えてくれた。
je

jeの感想・評価

4.7
記録
おー

おーの感想・評価

4.3
老いてなお映画界のスターであり続けるイーストウッドが、愛や友情、時間やお金といった普遍的なテーマへの人生観を教えてくれる作品。

のんびりと進み、オチもなんとなく分かるはずなのに、先が気になってしまうストーリー展開はさすがですね。ラストはカタルシスを感じれる心地良さがありました。

印象的なシーンは主人公の妻が、そばにいるのにお金はいらないのよ、と主人公に伝えるところ。好きとか嫌いとかそういう次元を越えた二人の関係だからこそ染みる言葉だなと。

人生の先輩に幸せの秘訣を教えてもらった気分になれる作品でした。
クリント・イーストウッドを観るだけでも価値あり。もちろん、本人のアクションシーンは無いが、ドキドキは味わえて、満足。家族にとって良き父、夫ではありませんが、憎めない存在。
またしてもイーストウッド爺さんの「アメリカ的ダメな親父の俺ダメなりにがんばっててかっこいいよね自己肯定酔いしれムービー」を見せられてうんざりしました。
別れてないけど家庭放置気味で家族から疎まれてるダメな親父さんが、なんかかっこいい感じの車に乗り、ハイウェイをかっ飛ばし、気持ちのいい感じのロードムービーっぽいBGMにのせてセンチなナルシズムを全開にした素敵な映画。(皮肉)
男たちってこういうの大好きなんですか?憧れてるんですか?夫が観てたので横で見てましたけど。

最後にちょこっと帰ってきて寄り添ってくれただけで「あなたってサイコーの夫でパパよ」って家族の愛情って回復するの?イッツファンタジー。
すべてが死にかけのよぼよぼ爺さんが、老人病院で最後に観た夢だったというオチなら納得できる。

ただ、薬の売人たちのメンツの中に、「ベターコールソウル」のナチョ(イグナシオ)が混じっていたり、「ナルコスメキシコ編」のキキマカレナがいるし、今度のブラッドリー・クーパーはDEAなのね。
雰囲気はチカノ風でかっこよかった。
でももうアメリカン爺さんたちのナルシズム映画はおなかいっぱいです。
YUSEI

YUSEIの感想・評価

3.3
予想通りの結末。どんでん返しだったりアクションだったり、そういうのはなかったと思う。ただ淡々と運び屋になったおじいさんの話。でも、とても考えさせられた。最後までぼんやり見ていられました。
まふく

まふくの感想・評価

3.9
ハラハラした
仕事も大事だけど家族が一番の映画
ピックアップトラックごつくてかっこいい
>|