みーたつ

アートのお値段のみーたつのレビュー・感想・評価

アートのお値段(2018年製作の映画)
3.5
テンポが良く、飽きずに観れました。

ちょうど最近テレビで見たのが、忍者の格好した日本人が書く漢字が海外で高値で取り引きされているらしい。
「これがこんな値段!?」と少しびっくりしましたが、買い手がいるからこそ、お値段が決められる。それがその作品のその時点での価値かもしれません。

でも、商業的なアートってアートなのでしょうか?デザインでは?と思ってしまいます。難しい。