Yuuki

ガール・イン・ザ・ミラーのYuukiのレビュー・感想・評価

ガール・イン・ザ・ミラー(2018年製作の映画)
4.0
出来損ないと親に蔑まれ学校でもいじめられる孤独な少女マリアは、ある日鏡の中にいる自分自身に語りかけられる。最初は恐れおののいたが、やがてアイラムと名乗るその少女が自分のことを理解してくれる唯一の人物として交流を深めていく。アイラムの後押しでプロムに参加するなど暗い自分に別れを告げようとするが、次第にマリアの中の何かが変わっていく…な話

鏡の中の自分に語りかけられて自分の中の何かが変わり始めるという割とベタな題材のスリラー。鏡の中のいわゆるもう一人の自分のルーツは開始1秒ぐらいである程度お察しできるくらいにヒントを出してくれるので、ストーリーとしてはまあ普通の☆3くらいな感じってのは正直なところです。ちょっと投げっぱなしなところはあったけど分かりやすさを追求して静かに展開していきながらも、退屈になることは無く最後まで満足感を持って見れます。その理由は、マリアとアイラムを演じたインディア・アイズリーさんにあるかもしれません

この、主演の、インディア・アイズリーさん…、あの〜、恥をしのんで叫びますが、ほんと〜〜〜に可愛すぎる!!!!!奇跡!!!サラリと伸びた美しい髪、整ったご尊顔、華奢な体を包む制服(雪が残る地方だからマフラーを巻いてて、後ろの髪がぼわっと膨らんでるのも良い)、たまにタバコやおっぱいといった体も張りつつ、マリアとアイラムの性格の違う二役の演じ分け!かぁ〜!多彩!!最高!スクリーンに映るたびに「かわいい…」としみじみ思いながら見てしまいました。マジで。だからこんなに可愛くて家も裕福な子が学校でいじめられるなんて道理は全くあり得なさすぎるなってのはあったんですが、それすらも可愛さで超越していくほどに可愛かったです。そんなマリアが皆が見てる前で散々な目にあうシーンは本当に加害者をぶち殺してやりたくなるほど感情が高まってしまいましたね…そんな感じでこの美しさを見るために見に行く価値は十分にあると思います

でもインディアさんのInstagram、終わった後で即フォローしてみたらインスタ業界で見ると「まあ、これくらいの美貌だったらごろごろいるな」と霞んでしまってました。何故…。真の美はInstagramでは測れないということか…