ガール・イン・ザ・ミラーの作品情報・感想・評価・動画配信 - 9ページ目

「ガール・イン・ザ・ミラー」に投稿された感想・評価

S

Sの感想・評価

2.2
主演の女優さんがただひたすら美人
それだけ美人だったらいじめられるわけないだろうと思いながらみてしまった。
ミラーの中のがね、性格ブレブレで。
みててイライラしてしまった。
やることが中途半端だし、ラストも微妙
冒頭で誘導しといてその結末の放っぽり出し方はなくない?!
なんか腑に落ちんわーーーー

とりあえず主演の女の子が可愛いというか綺麗というか造形が美しすぎるので、やたらめったら脱ぐのにも「脱がせたいだけかよ!」と叫ばずにはいられない。
スクリーンから来る圧がすごい。美しさの圧が。劇場で観る事が出来て良かった。
シンプルな話なんだけど、巧みなカメラワークで不気味さと残酷さを盛り上げている。
ただ、日本語字幕がどうもしっくり来ないというか物足りなさを感じた。劇場で観ておいてアレなんですが、難しい事言ってないし、英語字幕の方が良かったかなと、、。

このレビューはネタバレを含みます

前半と後半の変わり様が凄かった。
色々深すぎて色んな気持ちが交差するけど
全体的に凄く好きなストーリーだった。
マリアちゃん出てくる中で1番可愛いのに
いじめられっ子だったり家庭の闇を
抱えててなんかすごい。(まとめた)
色々見ちゃいけないシーンとか
見えちゃったシーンが多めなんだけど
美人過ぎてガン見
私的には後半の強めな主人公が
魅力的で好きです
結局もう一人の自分なのか
双子の子なのかは未だに不明
Sellen

Sellenの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

みんな死んだ、、、
まぁ、今までの怒りに任せてこうなってったんだろうが
双子の片割れはブスだったから捨てられた?のか?
horahuki

horahukiの感想・評価

3.5
抑圧された「自分」が爆発する!

家では窮屈な価値観の押し付け、学校ではいじめ。自分を押し殺し、毎日をやり過ごしてる主人公マリアが「鏡」をきっかけに覚醒するリベンジホラー。

カリコレ2019公開作です。
青山シアターでもカリコレは三本見ると一本無料で見れるので三本目に選んだのがコレ。こちらも評価低めな作品ですが、手堅くて面白い作品でした。四本目は『生き人形マリア』見る予定です♫まさかのマリア被り。

マリアちゃんがめちゃ美少女!しかもオ○ニーするわ、脱ぎまくるわで大変眼福な内容。そんな美少女マリアちゃんが朝起きて、真っ白な内装の家から外に出ると、降り積もる真っ白な雪。清廉潔白な空間から連想される彼女の性質から逸脱するタバコ→卑劣ないじめ→周りと壁を作り身を守るかのように装着するイヤフォンから感じる孤独・孤立→ガラス越しの視線による憧れの流れのスマートさ。

マリアちゃんが引っ込み思案になっちゃったのは、愛情とはかけ離れた親の独りよがりな価値観の押し付けによる抑圧のせいなんだけど、親により否定され奪われた自分の中にあったはずの性質を鏡により客観視させることで、自分でも忘れていた「封印した感情」の存在を実在性をもって実感させ、別人格のような見せ方をしてるのが面白いところ。

オープニングから示される事柄に対して「健常じゃないから殺した」という事実を、鏡に挟まった写真による連想から、同じく「健常じゃないから殺された」自身の感情へと転換させていくのも面白いし、「殺された」ものだからこそ真逆の性質の存在としてリベンジを開始するってのも好き。ある意味ではサイキックホラーでもあるし、ちょっと見方変えれば怪談でもあるっていう複合的な感じが良きです。

少し前までのオドオドした演技とは打って変わって、相手に対して有無を言わせないほどの目力と、エロと恐怖で使い分けられるサディスティックな表情による圧を感じさせるマリアちゃん役のインディアアイズリーちゃんの存在感が本当凄い!しかも、上にも書いた通りめちゃ脱ぐので、インディアちゃん見てるだけで満足度高めです。インディアちゃんファンは必見です!!
myachan

myachanの感想・評価

3.1
主人公可愛いんだか、可愛くないんだか。
まあ面白かった。暇つぶしには
yurina

yurinaの感想・評価

3.7
ホラーだと思ってなんとなく見始めたけど良かった!良い意味で期待を裏切られた。自分に自信がなく控えめな感じから大暴走するまでの過程がすごくスカっとして楽しかった。この子演技上手いしめちゃめちゃ可愛いし何者?
praline

pralineの感想・評価

3.4
異質な父親に育てられてしまった歪みなのか。
一番輝くはずの時期に自己肯定感皆無で育ってしまった可哀想な女の子のお話。
といっても、キャリーとかブルー・マインドとかRAWとか、その辺りの少女の多感な思春期を描いている作品に他ならないので、そこまで目新しさは無く。
お話の運びも見え見えなのに、それでもなぜか目が離せないのはインディアちゃんの為せる技かと思う。
それだけ華があり、とにかく美しい。

眼差し一つ取っても力があり、お芝居もさることながら、マリア役への説得力に、美貌が一役買っているのは間違いない。
美しさは力であるということをまざまざと見せつけられた。
れい

れいの感想・評価

3.7
鏡の中のもう1人の自分に影響を受けて自分を虐げてた人達に復讐するという興味深い話だったけど、いまいち消化不良気味。主演の子の体当たりな演技の脱ぎっぷりはなかなかのもの。彼女はオリビアハッセーの娘さんとのこと。今後に期待!