Mari

スパイネーション/自白のMariのレビュー・感想・評価

スパイネーション/自白(2016年製作の映画)
3.8
隠してるから、隠したから、隠したいから。目や、表情。演技ではない、生きた言葉たち。生々しい人々。傷付いた人間のその後。壊れた感情。普通じゃない記憶。ジャーナリストの視点から、正義感を感じ、この事実を、どう受け止めたらいいか、答えはまだ出ません。私は、韓国の事知らなすぎると思いました。