くう

蜜蜂と遠雷のくうのレビュー・感想・評価

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)
3.1
原作は未読なので「映像化不可能」が成功しているのかどうかは分からない。が、自然の音を音楽に融合させる演出や映像には感動した。

恋だの家庭問題だの大袈裟なストーリーがゴチャゴチャ入らず、とにかく音楽を…という作りが個人的にはとても好き。

前述したように未読なので結末が原作通りなのかも分からないが、良かった。物語がヒロイン上げ補正されていない感じがすごく良い。

そして何より新人の鈴鹿央士くんが素晴らしい。彼の存在に「のだめ」を思い出してウルっとしちゃった。清々しすぎる天才っぷり!