安井文

蜜蜂と遠雷の安井文のレビュー・感想・評価

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)
-
一切の説明が排除され、物語の核となるそれぞれの人物そのものが描かれていたと感じる。

細かい演出がいちいち効いてた。セリフで説明しないとはこういうことなんだよなあ。(風間塵の親指とか)

芹沢興人さん、森優作さんの調律師コンビとクローク係の片桐はいりさん。物語にはほぼ絡まないけど、印象的な人たち。いい感じ。